ゴルフ|練習場ではナイスショットなのに本番ではダメになってしまう原因は?


スポンサードリンク



練習場ではナイスショットだったのに…ラウンド中ショットが乱れた方がいました💦

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、1人予約でラウンドしてきました。1人予約は、急に休みが取れたときに気軽にラウンドできるので便利ですね。

一緒に回った方は、3人ともスイングを見て何となくアベレージゴルファーかな~、と。(失礼しました(;^_^A)

内のお2人は、初対面でも慣れている感じでマイペースで回っていました。

1人の方は、挨拶中「一人予約初めてなもので」と恐縮しながら、やや緊張気味な感じでした。

スタートホールのティグラウンドですが、いきなり右に大きく曲げてしまい林の中へ。初っ端からトラブルです。どうも調子が悪そう。その後も、コースを左右に行ったり来たりでペースをつかめない模様。

結局前半を終わって60オーバーになってしまいました。

昼食中すっかりしょげ返って「時間がかかって申し訳ない」とお詫びしていました。

私も含めた3人とも全く気にならなかったのですが、ご本人は恐縮しまくっていました。・・・そんなんじゃ、楽しめないのに・・・、なんて思いながら、「後半も楽しくやりましょう」と声を掛けました。

そんな話の中、ちょっとビックリしたことが。その方、

「迷惑を掛けないようにラウンド前の練習で100球打っていました。練習場ではかなり調子よくっていい球ばかり出たんですけどね」なんて照れ隠しを。

100球も打っちゃったらラウンド前に疲れちゃうでしょ、と思いながら聞いていました。

でも、練習場ではナイスショットなのに本場ではメロメロ、なんてことはよく聞きます。

何を隠そう、この私もそんな経験を幾度ともなく通ってきましたから。(笑)

何が原因でこのようなことになってしまうのでしょうか?

ラウンドでダメになってしまう2つの原因は?

後日、コーチとこの原因に関して質問してみました。

「どうやって、克服しました?」

私に逆質問してきました。そう言われてみると、どうやって克服してみたんだろう?ちょっと考えてみました。

考えた末、出た答えが、ラウンドに意気込まないこと。それと、ラウンド数が増えてきて慣れてきたこと、でしょうか?

「確かにそれはありますね。気持ちが出てしまうと、過度な良いイメージとミスをしたくない過度な悪いイメージが交錯してしまいますよね」

すごい分かる!ゴルフを始めた頃は、意気込みすぎて前の日眠れなかったし、いざ本番となるとガッチガチになってショットにならなかった記憶があります。

「本番でダメになってしまう原因は多くありますが、代表的なのは2つだと思います」

2つ?何でしょうか?

1つは、ラウンドでナイスショットを求めすぎです。以前お話ししましたが、プロより目標エリアが小さいアマチュアの方がいます。もっとアバウトでいい。ティショットなんてミスって150ydくらいしか飛ばなくても全然OKです」

確かに最近の私も、「チョロっても前に打てれば全然よし!」と思ってティショットするようになりました。

「もう1つは、全部フルショットで打とうとする人が多いです。全部フルショットしたら、13種類の距離しか打てませんよ」

確かに、パターを除いた番手で毎回フルショットのナイスショットになったら13種類の距離でラウンドしなければいけません(笑)

「練習場は練習場、本番は本番と分けないと、なかなかスコアは伸びません」

では練習場を利用すればいいでしょうか?


スポンサードリンク



本番力が上がる練習場の使い方とは?

まずは、マットや座席と平行に立たずに目標方向に打てる練習をしてください。

プロでもアライメント(アドレスで身体が目標に向かって正しくたつこと)がずれてくることがあります。

アマチュアは知らず知らずのうちにマットや座席のラインを目安に立ってしまいます。ラウンドでは、そんなものはありません。いつでも、目標に向かって正しく建てる練習をしましょう。

また、本番力が強くなる練習は、フルショット以外をすることです。

フルショットで何yd飛ぶのかを知ることも大事ですが、逆に何ydを色々な番手で打つ練習の方がはるかに実戦向きです。

例えば、150ydをドライバーからどんどん番手を下げて打つなんて練習も有効です。実際に転がしでしかグリーンが狙えないなんて状況も頻繁にあります。

また、傾斜が強くて腰までしかクラブを上げられない状況なんてこともあります。そのスイング幅の中で、出したい距離を把握できることはかなりの強みになります。

プロでもフルショットなんてラウンド中ほとんどしないそうですからね。

まとめ

練習場ではナイスショット連発なのに、いざ本番となるとメロメロなんて経験は誰でもあります。

原因は、100点満点のショットばかり求めていることと、フルショットばかりすることが多いようです。

そのためにも、練習場での練習の仕方を見直す必要があります。

そのためには、アライメントの作り方と、フルショット以外の練習をする方が本番力が上がります。

14本のクラブを駆使してスコアアップを目指しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です