ゴルフ|プロも実践しているすくい打ちを防ぐ簡単ポイント


スポンサードリンク



アマチュアだけでない!プロでもすくい打ちになる

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

アマチュアの悩みで多いのは、振り遅れにともなう「すくい打ち」

つまり、クラブが下から出てしまう現象ですね。

すくい打ちになる原因は様々ありますが、今回は身体の一部にチェックを入れて防ごうという狙いの記事です。

実はプロもすくい打ちになることがあるらしく、普段の練習からポイントを決めて修正しているそうです。

プロも私たちアマチュアと同じ悩みを持っているんですね~。(レベルが違いますが(;^_^A)

複数のプロが実践している左足親指の踏ん張り

最近、ベタ足スイングが主流です。出来るだけ右足を地面につけたままスイングすることですね。昔は右足の蹴りで飛距離を伸ばすなんて時代がありましたが、現代は出来るだけ体軸を揺らさないでスイングするのが理想です。

右足を蹴る、もしくは右足を地面から離さない、どちらも理由がありますが、それ以前にまずは左足が出来るだけ地面を踏み込みめくり上がらないようにするのが基本です。

左足がめくれてしまうとそれだけで身体が右側(スイングから見て後ろ側)に倒れてしまいます。

その時点でクラブが下から入ってしまう形になります。

スイングの速いプロは、意外に踏ん張りが利かなくなることがあるらしく、チェックの1つになるそうです。

その為に足底筋を鍛えることが重要になるのですね。

以前プロから聞いたチェック法ですが、

「左足親指付け根にコインを置いてフィニッシュまで落とさない」

です。

すごいシンプルですが、非常に効果があります。

私も実践したことがあるのですが、左足のめくれが本当に防げます。

左足親指に意識がある、というのが非常に大事で自然と親指が地面を掴みにいきます。

それまで自分がいかに足裏をルーズに使っていたかを実感しました。

タイガー・ウッズ選手もチェックしている、もう1つのポイントは右肩

タイガー・ウッズ選手が全盛期の頃、こんなコメントがあったのを記憶しています。

球をクリーンに打つポイントは?と訊かれて

「右肩をアドレスから終始動かさなければ、決してダフることはない。右肩が上下するから軌道がブレるんだ」

そうなんです。実際は、回転しているから見た目には分からないのですが、右肩の位置を変えず、極端に言えば、「その場から一切動かさず」くらいの意識でスイングすると軌道のブレがなくなります。

タイガー・ウッズ選手がそうコメントしたあと

「右肩の位置さえ変わらなければコンクリートの上からでも打てるよ」

と言い、本当にコンクリートの上からきれいに打っていました。

当時、余りに衝撃的なこととして、記憶しています。

右肩、左足の対角線をキープできればすくい打ちが防げる

私も今でも意識しているのですが、右肩を左足を結んだラインを一定にすることを意識しています。

個人的ですが、左側だけ、もしくは右側だけに意識がいってしまうと意識しない方のブレが分かりにくくなってしまう気がするからです。

それで対角線意識をもって軸のブレを防いでいます。

そのお陰で、右足も以前に比べて地面から離れることが抑えられてきました。

自然とベタ足スイングになったのかも(笑)

まとめ

身体が右側に傾くとスイング軸は後ろ側に倒れ、すくい打ちになりがちです。

プロでもチェックしている「左足親指」と「右肩」。

チョッと意識するだけで意外にブレをブレを防ぐことが出来ます。

クラブが下から入ってしまい、ドダフリもしくはトップを防げたら、それだけでゴルフのレベルがグッと上がりますね。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です