ゴルフ|パットのコツ グリーン攻略の基本中の基本


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

パットのコツはグリーン上でケアレスミスを防ぐこと

スコアを縮めるには、やはりショートゲームの上達が一番の近道です。

更にパットが上手ければ本当にゴルフは楽になります。

プロが言うにプロとアマチュアの技術の差は圧倒的にパットが顕著に出るそうです。

練習量も雲泥の差ですからね。

というワタクシもパットに関してはいい時と悪い時が激しく、なかなか安定しません。

あれこれ難しく考えたり、微妙にスイングをいじってみたりして、正にラビリンスにはまり込んだりします。(;^_^A

忘れてはいけないパットの大原則

もう一度、グリーン攻略の基本をおさらいしましょう。

日本のコースのほとんどは受けグリーンと言われています。

つまり手前が低く、奥が高いということです。

手前から奥に打てば上り、逆なら下りとなります。

また、左から右に打てばスライス、逆はフックとなります。

また下の図のようにカップがどこに切ってあっても、カップを中心に左上は下りのスライス、右上は下りのフック、左下は上りのスライス、右下は上りのフックになります。

但し、傾斜やポジションによって切れ方や球のスピードは大きく変わります。

まずラインに迷ったら、この基本中の基本を思い出して、大方の切れ方を頭に入れるとわかりやすいでしょう。

またなぜ上りのパットを残した方がいいと言われるのは

①上りは、減速率が高いため強めのパットで直線的に狙いやすい。また、たとえオーバーしても止まりやすい。

②下図のようにカップの奥が手前より高いため、向こうの壁に当たって入る率が高くなる。

逆に下りは、減速率が低いため、初速から球のスピードが遅くならず、傾斜の影響を受けやすくなり直線的に狙いにくくなる。またカップを過ぎたあとでもなかなか止まらくなり、大オーバーになる可能性がある。

また上図とは逆に、手前より奥が低いためカップ上に到達しても、スピードがあるとそのまま通過してしまう場合がある。

まずは大まかな傾斜の流れと上り下りの原理は頭に入れておくべきだと思います。

但し、通常のグリーンはプロ仕様のように固く速いことはないため、慎重になりすぎるのもよくないと思いますが。

実際はこんな単純なことはありませんが、どんな状況になってもベースとして入れておくことに損はないと思います。

 

まとめ

ラウンドに夢中になっていると意外に単純なことを忘れがち、まずは基本的なことを思い出そう

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です