ゴルフ|パターと球の本当の芯を理解すれば上達の近道!


スポンサードリンク




お早うございます。

グリーン上での悩み 同じ転がりにならない理由は芯に当たっていない?

どんなにパターの練習していても、いざグリーン上で球を転がすとなるとどうもイメージとギャップがある。

練習通りストロークしても、球足が弱かったり逆にパンチが入って大オーバーなんてことも。

どうも、毎回同じスピードで転がせない・・・・・・。

ワタクシもよく悩んでいます。

パターと球の芯を殆どのアマチュアは理解していない!

練習グリーンで球を転がしていたところ、あるプロコーチに声を掛けられました。

「クイズです。パターと球の芯はどこにあるでしょう?」私の練習を見ていて何か思ったのでしょう。

「え?ここじゃないんですか?」

赤い点の部分を指しました。

「ブー、不正解。だから、同じように転がせないんですよ。自分で転がりが悪いなぁと思ったり、前のホールでタッチが弱いと思ってパンチが入ったりしません?」

「はい」まさにコーチのおっしゃる通りです。

「芯はここです」

「あなたのコンタクトは実は芯まで届いていないんです」

そうなんです。接地面に芯があると思っていました。

パターも球も平面でなく立体なので、それぞれもっと中心にあるんですね。

プロコーチ曰く

「正解の芯がコンタクトするまでちゃんと打ち抜いてください、届く前にストロークを終わらしてはいけません」

その通りですね。

簡単なことですが、ついうっかりしていました。

ほかのクラブでも同じですね。特にドライバーなんて重心が深いものもあるので、ちゃんと打ち抜く意識がないと弱々しい球しか出ないはずです。

まとめ



道具の芯を理解してしっかり打ち抜こう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です