ゴルフ|パットの上達には距離感を作るためにまず始めること


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

パットでなかなか距離感が合わない

 

「このパットを寄せれば、パーが取れる」と10m先のカップに狙いを定めて、慎重にアドレス。

芯で打つ、と呪詛のように繰り返し唱えながらパターを引く。

「行け!」と念を込めてインパクト。

カスッ 変なインパクト音とともに球は弱々しく転がっていく。結果は見るまでもなく大ショート。

周りからは、小さなため息が・・・・・・。残り5メートル近くのパットも虚しく手前で止まる。

ワタクシがグリーン上でリズムを狂わすパターンです。

 

なぜパットの距離が合わないのか?

何で、こうも距離が合わないのだろう?

上から見るとそんなトゥやヒールに当たった感じはしないのに。

スイング中緩んでいる?確かにそんな気がするけど、本当かどうか。

パットの距離感を合わすのにまず始めることは

プロコーチ曰く「芯で打っていないからですよ」

えっ!?ちゃんと芯で打ったはずですよ。と言い返したくなる。

「クラブの芯は上下も気にしてください」

あっ、そうか。ワタクシはよく「パターは低く長いストロークで打ちましょう」を意識して打っていました。

つまりこういうことなんですね。

球の直径よりパターの高さのほうが短い。つまり地面から少し浮かせてヒットしないとちゃんとミートしないということですね。
低く長くばかりを意識しすぎてフェイスの上っ面で打っていたようです。

それじゃあ、弱々しい球しか出ません( ノД`)シクシク…

 

まとめ

パターだけでなく、ゴルフはまずは芯で打つことから始めよう


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です