ゴルフ|パッティングで方向性が格段に上がるポイントは?


スポンサードリンク



パッティングに必要なスキルの3大要素は?

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、練習場でコーチが他の生徒さんにアドバイスをしているのを横で聞いていました。

その生徒さん、パッティングで方向性が非常に悪いので、どうすれば良くなるかを相談していました。

その時のコーチのアドバイスが「なるほど」の納得だったのでご紹介します。

結構目からウロコだったので、私も採用しようと思っています。

まずは、パッティングで必要な三大スキルをおさらい。
①発射する方向性②距離感③グリーンの読みですね。

これは、何度も記事にしてきました。

②距離感③グリーンの読みの2つは、正解から大きく離れるととんでもないミスに繋がります。

その点、①発射する方向性は、1mも2mもズレることはまずないと思います。

然し、1m以内のショートパットなど「入れなければいけない」時は、スコアに直結するミスになります。

方向性アップについて、コーチのお話を元にまとめました。

②距離感と③グリーンの読みはコースでしか、スキルを養えない

③グリーンの読みは、当然本番のグリーンでなければ出来ないスキルです。家では基本「フラットな傾斜に対してカップに向かって真っすぐ転がす」ですから、傾斜付きのパターマットもありますが、毎回同じような転がりしかしませんから、「読み」が養われることはありません。

②距離感も、大抵のパターマットは1~3mの距離しかありませんから、距離感を必要とするロングパットの練習にはなかなかなりません。

但し、距離感に必要な「発射速度」は掴むことが出来ますから、全く練習できないということはありませんが。

やはり、実際の芝でなければ転がり具合を体感することは難しいと思います。

①発射する方向性は、家でも充分養うことが出来る

①発射する方向性に関しては、コースであろうが、パターマットであろうが、絨毯であろうが、どんな環境であろうと「真っすぐ打ちだす」ことは出来ます。

極論を言えば、家で出来るパッティング練習は、3つの内①発射する方向性のみです。

また発射方向は、ストロークの軌道よりも「フェースの角度」が大きく影響します。つまり、目標方向にフェースを垂直に当てられれば、正しく転がすことが出来るのです。

では、目標方向に対してフェースを垂直に当てるポイントはあるのでしょうか?


スポンサードリンク



パッティングの方向性アップはグリップを最大限に使え!

どうしても、方向性が悪いという方にチョットしたコツがあります。

万人に有効という訳ではありませんが、パターのグリップを使う方法があります。

パターのグリップは、フェースに対して垂直部分が平面になっています。

フェースとこの平面部分がズレなく垂直になっているのが前提ですが、この平面部分を正しい軌道に対してなぞっていけば、フェースも正しく球にコンタクトできるのです。

この平面が少しでも開いたり閉じたりすれば、明らかに誤差が生じます。球の前後を目標方向に対して正しくなぞる練習をすれば各段に方向性がアップします。

目標の目安が目から近い方が、合わせやすくなります。フェースより手元の方が御しやすいは火を見るよりも明らかです。ボウリングのスパットと同じですね。

人によっては、両手の親指を平面部分と平行に添えて更に軌道の安定を図る方もいるそうです。

但し、あくまでストロークを作るのは体幹。指先で操作してはいけません。体幹で動かし、グリップ周辺は細かなフェースの管理をするのみが大事です。

まとめ

パッティングの3大スキルは①発射する方向性②距離感③グリーンの読みです。

家でも練習できるのは、①発射する方向性だけです。

パターのグリップを有効活用することによって方向性アップに役立ちます。

グリップの平面部分を正しいストローク軌道になぞらすことが出来れば、フェースは間違いなく目標方向に対して垂直にコンタクトできます。

御する部分を目の近くすることによって、ブレを抑えることが出来ます。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です