ゴルフ|パッティングは絶対にプロラインがいいのか?


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

パッティングのプロライン、アマラインって何?

グリーン上で「ああ、アマラインに外しているようじゃ、上手くならないよ」っていう方がいらっしゃいます。

そもそもプロライン、アマラインって何でしょうか?

パッティングをする場合、ほとんど傾斜によってフック、もしくはスライスをします。

フックの場合、強めの狙いでカップより右側を通過することをプロラインといいます。

また逆に弱めの狙いでカップに届かず、手前で左側に切れることをアマラインといいます。

スライスの場合は逆になります。

傾斜の影響で転がりが弱まったとき曲がり始めます。プロラインはカップに近づくように、アマラインはカップから遠ざかるように転がります

つまり、読みが違っていてもプロラインの場合はカップインすることがあるのです。

アマラインの場合はカップインする確率はゼロです。

プロは、「1打でも少なくプレーしないとお金を稼げない」、ので常にカップインするつもりでパッティングをします。

だから、多少の読み違いでも入る方の狙いをします。

 

アマラインではパッティングは上手くならない?

上でも書きましたが、「アマラインで打っているようでは、パッティングは上手くならない」というのですが、本当でしょうか?

アマチュアは、「入れる」ことより「寄せる」ことの方が、大事な場合の方が多いと思います。

パッティングは、プロは出来るだけ「1パットでおさめる」アマチュアは「3パットは避けたい」と考え方が違います。

例えば、以下の状況の場合、次パットが黄色い部分に残したいときがあります。その時にアマラインで狙った方がいいこともありました。

傾斜が強いとき、アマラインの場合、次打が大体上りになるので次打が狙いやすい。プロラインだと次打も微妙な下りが残る場合がある

つまり、アマチュアは使い分けが大事なんだと思います。

以前記事にしましたが、アマチュアは「入れる」と「寄せる」の意識をしっかりと持つことが大事ではないかと思うのです。

ブログ記事:パッティングは入れるか寄せるかをハッキリさせよう!
「それじゃあ、いつまでたってもパットが上手くならないぞ」という声も聞こえてきそうですが、それはシングルさん達の考え方で、90切り100切りレベルの方は、ラウンド頻度も少なく「グリーン慣れ」をしていません。
そんな繊細なタッチを使い分けられるなら、このスコア辺りでウロウロしていません。

まずは、1パットを増やすより、3パットを減らすことを考えるべきではないかと思います。

このブログでよく書いていますが、ツアープロやプロコーチから「技術はアマなのに狙いだけはプロの方が多い。それがスコアをまとめられない原因」と指摘を受けます。このこともその1つではないでしょうか?

 

まとめ

パッティングは、プロラインで狙う方が上達します。但し、状況によってはアマラインで狙った方がいい場合もあります。上手く使い分けをして、パット数を減らしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です