ゴルフ|パッティングで右への押し出しを克服する方法


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

フッカーはパッティングでもフッカーです

ワタクシは、すべてのスイングでフッカーです。ドロー系とかカッコいいものではありません。(;^_^A
2年ほど前からフックの傾向が強くなりはじめ、なかなか矯正できません。

たまに「絶対にスライサーよりいいでしょ?」なんて言う方もいらっしゃいますが、フックが止まらなくなる怖さは計り知れません。ヒドイときには、グリーン2つ分くらい曲がってしまうので、コントロールのしようがないのですから。( ノД`)シクシク…

実は、パッテッィングもフッカーです。実際にフックしているわけではありませんが、どうもインサイドアウトが強く、右に押し出してしまう癖が治りません。

日毎パターマットで練習をしているのですが、少し気が緩むと右に押し出してきます。

もうインパクトの感覚が、外に押し出すことが正しい、と刷り込まれてしまっているようです。

パッティングも右の押し出しを治したい。シンプルな矯正法が有効?

どうすれば、治るのか、色々考えました。肩を開いてみたり、グリップを変えてみたり、体重の位置を変えてみたり、試しているうちに何が正しいのか分からなくなってしまいました。

無理にアウトサイドインを意識するとぎこちなくなり、スムーズにストロークできません。、

ドツボにはまる。

アマチュアゴルファーが誰でも避けて通れない、負のスパイラルですね。( ノД`)シクシク…

とりあえず原点に返ってみようと思い、パターマットにこんな感じで本を置いて右側に壁を作ってみました。

本の積み上げ場所は打つ位置から50㎝くらい先です。

高く積み上げているのは、球の勢いが強いと意外に本がずれてしまうからです。

右サイドはギリギリです。本当は左サイドにも壁を作った方がいいと思うのですが、間をなかなか通過できないとフラストレーションが溜まりそうなので、多少の左のずれはOKとしました。

視覚的に壁があると、思った以上に右の圧迫感が強いです。

すると今までのストロークだと本の壁に当たってしまうイメージしか湧きませんでした。

 

意外な気づき。そもそも正しいと思っていたパッティングの感覚が違っていた

自分では真っすぐ振っているはずが、違っていたんですね。

気づかないうちにこれが真っすぐだと勘違いしてた

試しに少しインサイドに抜く感じでストロークしてみました。

インパクト後、ヘッドより球が外に飛び出す感覚です。

パッティングでもややインサイドに抜いていく

そると、フォローも長く低い位置にとどまり球の転がりも伸びていくように思えます。

ストロークもインパクトも今までと全く違うものでした。

にもかかわらず、球は真っすぐ転がっていきます。

少し、光が見えてきたように思えます。

そもそも、正しいと思っていたイメージが違っていた。ワタクシの場合、インパクトからフォローにかけてのクラブと球の抜け具合の感覚が実は狂っていた、ようです。

まとめ

上の修正法は、スライサーの方をはじめ、皆さんに合うかどうかは保証は出来ません。

ワタクシが言いたいのは、「実は正しいと思っている感覚が違うのではないか?」と気づくことです。それを修正するのは、非常に勇気がいることかもしれません。

シンプルに視覚的な要素などで違和感を感じさせることが有効かと思います。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です