ゴルフ|スコアアップのコツ パッティングで距離感をもつには?イメージ編


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

 

パッティングでなかなか距離感がもてない( ノД`)シクシク…

以前にもグリーンの傾斜の見方について書きましたが、色々なパッティングのコツがあるようです。

元々上手い方は「転がりとラインのイメージが出来れば問題ないよ」という方が多いように思えます。一言でいえば「センス」なんですかね?

パットの名手は、ほぼほぼ傾斜の読み間違いがありません。また、微妙なアンジュレーションもすぐに見つけられます。但し、そういう方々は、ラウンド回数が多く経験値が一般の方より多い気がします。

月1ゴルファーの方だとなかなか「グリーン慣れ」ができないので、経験値が増やせない方が現状です。

以前、明らかに2段グリーンなのに、「段が見えない」という方もいらっしゃいました。

「これが正解」、なんてないと思うので、今後もワタクシが入手できた方法を書いていき、読者の方に何か一つでも引っ掛かってくれば幸いと思います。

 

パッティングの距離感はスピードのイメージを持とう

「パットなんて、発射スピードと発射方向しかない」という方がいらっしゃいました。

確かに、球にスピンがかかるわけでもなし、宙に飛ぶわけでもないので、その通りだと思います。

パターというカタパルトを正確にセッティングすればあとは発射スピードの調整だけ。そんなシンプルに考え、出来る方は羨ましいものです。

ワタクシもそんなセンスなんて持っていないので、いつも試行錯誤しています。

ただ、「球のスピードのイメージ」を持つ、という考え方はとてもしっくりきました。

片山晋呉選手が、手で球を転がす仕草でイメージ付けをしている姿をよく見ます。プロの方もやっていることですね。

 

パッティングのスピードイメージは色々な方法がある

「そんなこと言ったって、イメージなんてわかないよ!」という方もいらっしゃいます。

ワタクシもはじめはそうでした。しかし、皆さん、それぞれイメージの持ち方があるようです。

あるコーチは、「スピードの違う球を何発も発射させて一番寄りそうなイメージを探す」といったり、

また別のコーチが「カップから逆モーションでスピードをイメージして手元でどのくらいのスピードか決める」

以前石川遼選手は「ある程度長い距離の時は、丁度真ん中あたりでどれくらいのスピードで通過できれば寄りやすいかをイメージする」

など様々な方法があるようです。

因みにワタクシは、逆モーションがしっくりきました。

その為に、毎回同じストロークで同じスピードを出すためには、「芯で打つ」が出来ることが前提だと思います。

ブログ記事パットで距離感を作るのに、まず始めること

パターマットでコツコツ練習することが大事なんですね。

 

まとめ

 

パッティングの距離感をつかむには、沢山の経験値が必要。球のスピードイメージが持てればしめたもの。
多くの方法があるので自分に合ったイメージづくりを探そう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です