ゴルフ|パッティング=振り幅で距離感を合わせるポイントは?


スポンサードリンク



パッティングの距離感は振り幅で合わせるというけれど全然合わない!

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

パッティングの距離感は振り幅で作りなさい、と言われます。

しかし、「振り幅でやっているけれど、全然合わないよ」という方がいます。

また、人によっては「距離感は振り幅で合わせちゃだめだよ」なんて言う方もいます。

じゃあ、何が正解なの?って疑問が残ります。

因みに、私が知っているトップアマ、シングルさんは「振り幅で距離感を合わせる」が多数です。

では、振り幅で距離感が合わないのは何がいけないのでしょうか?

振り幅で距離感を作ってはいけないという人の理由は?

反・振り幅派の方は「距離感は、つまり”感”を作るもので、振り幅では決して作ることは出来ない」と言います。

以前記事にしましたように、距離感は出球のスピードです。「〇〇の距離なら出球のスピードはこれくらい」という感覚を養うことが大事です。

只、多くの方は練習不足や本芝の感覚を掴む機会が少なく、”感”を作るには圧倒的に経験値が少ないことが多いように思います。

また、「入れたい」という力みや「外したらどうしよう」という不安などのマイナスの心理面が働いてしまいがちです。

そういったネガティブな要素を排除するためにも「振り幅」で機械的にストロークを作った方が安定しやすくなります。

振り幅で距離感が作れない理由とは?

振り幅で距離感を作るのは正解か?NGか?

どちらも正解だと思います。

要は、思うようなスピードで転がすことが出来るのなら、自分に合った方法を採用した方がいいと思います。

コーチ曰く「振り幅」で距離感を作る方が簡単とアドバイスを受けました。

しかし、振り幅だとなかなか距離感が作れないという人が多いのも現状だそうです。

その理由を教えてくれました。

「理由は簡単です。毎回芯で打てていないこともありますが、一番の原因は同じリズム(テンポ)でストロークできないことです」

小さいストロークの時に速く振ってしまったり、大きいストロークの時に緩んでしまって遅くなってしまうからですね。

ストロークが大きくなっても同じテンポでストロークすれば、自然とスイングスピードは速くなります。

そのお陰で、出球のスピードも速くなります。

つまり、こういうことです。

①の振り幅と②の振り幅が同じリズムなら②の方がスイングスピードが速くなり、転がる距離も長くなります。

自分に合ったリズムで毎回振ることが出来るなら振り幅で距離感を作ることが出来るのです。

パッティングで自分に合ったリズムを作るコツは

自分に合ったリズムを作るにはどうすればいいのか?と訊いたところ、コーチからのアドバイスがありました。

「一番の目安は、自分の歩くテンポと同じにすることです。また、数値にするなら男性なら75テンポ/分女性なら65テンポ/分が標準でしょうか?ちょっと歩くのが速い方なら78テンポ/分くらいでもいいでしょう」

パターマットでの練習でもメトロノームを使ってみると有効です。

今は、スマホの無料のアプリで沢山配布されているので、ダウンロードして試してみるのもいいと思います。

まとめ

パッティングの距離感は振り幅で作るのが、ベターです。しかしなかなか出来ないという方も多いようです。

その理由は、「同じテンポでスイングが出来ていない」からです。

そのためには、メトロノームを使って、普段から練習することが大事です。

宮里藍選手もメトロノームを聞きながら練習していたシーンを見たことがあります。

出典:blogs.yahoo.co.jp

リズム感は音楽だけでなく、ゴルフにも大事なんですね。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です