ゴルフ|フライヤーはアマチュアでも起こるのか?ラフからの狙いどころ


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

ラフから打てば全てフライヤー?

アマチュアの方がラフから打って、思った以上に飛んでしまい、グリーンをオーバーしてしまうことがあります。

そのとき「あ~、フライヤーしちゃったよ」(´;ω;`)ウゥゥ

なんて、お嘆きの方がいらっしゃいます。

失礼ながら、本当にそうなのかな~、と思ってしまうことがあります。

何故かというと、完全にラフに食われて、スイングスピードが落ちているのが、傍から見ても分かったからです。

何となく、球の高さも低くて、単なるトップ?ではないかと。

フライヤーとは、ラフから打った時、芝がヘッドと球の間に挟まり本来のスピンがかからず、棒球のように飛んで行って、クラブの番手距離以上に飛んでしまう事です。

まずの条件が、芝が挟まってもヘッドスピードが落ちないことじゃないかな~、と思うのです。

こんな溝のないアイアンで打っているのと同じですかね?

ワタクシも何度かフライヤー打った経験があるのですが、通常とは違った感触がありました。

マニアックな話ですが、野球でビヨンドマックスというバットがあります。ミート部分がウレタン製の素材が覆っています。そこでミートすると手ごたえがないのに球だけがスゴイ初速で飛んでいきます。

それと、同じ感覚でした。

ビヨンドで打った経験がない方、全くイメージが湧かないですね。スミマセン、表現が悪くて。m(__)m

フライヤーがラフで起きる条件

コーチに聞きました。

「ヘッドスピートの速い人と遅い人では、フライヤーになる番手が違ってきますよ。
ラフの長さや深さなどでも影響が変わってきますが、同じ条件とするなら、ヘッドスピードの遅い人はショートアイアンではフライヤーしますが、長いクラブを持った場合はラフの抵抗の影響が強くなりすぎ、、ヘッドがかぶってひっかけが出てしまいます。方向性も飛距離も悪くなります」

条件にもよりますが、アイアンのヘッドスピードが40m/sec以上、それより速い人は、ミドルアイアンくらいまではフライヤーするそうです。

ラフが浅く、半分以上球が芝から見えている状態が、一番フライヤーします。

ライの状況で結果が大きく変わってしまう

芝が濡れている時もクラブフェースの溝に入り込み、フライヤーと同じことが起こるようです。

多くの条件があって、フライヤーしたりしなかったり。更に無回転のお陰でドロップしてしまうなんてことも。

ワタクシも経験があって、野球のフォークボールのように「ストーン」と落ちる球です。

ラフからのショットはプロでも難しい

プロのお話では、

ラフとは厄介で、フライヤーしたりしなかったり、プロでも判断が非常に難しい。スピンのコントロールができるバンカーの方が余程やさしい場合があります。様々な条件から多くの経験の中で予測をつけてジャッジしてしまいます。アマチュアの方は絶対的な経験が少ない。判断が分からないようであるなら、無理にグリーンを狙わず広めのターゲットを取って番手選びを含めたジャッジメントをしてください

まとめ

アマチュアはフライヤーが起こるとは限りません。全く飛ばなかったり、フェースが負けてとんでもない方向に行ったり。
予測がつけられないなら、トラブルと思いよりセーフティなマネジメントをしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です