ゴルフ|ランニングアプローチ(転がし)こそ攻めの技


スポンサードリンク




お早うございます。

 

グリーン周りのアプローチでありがちなミス

 

ピンを狙い、いいショットだったがわずかに逸れてグリーン周りにこぼれてしまった。

よーし、ここで寄せて、パーセーブだ!と気持ちも入って、SWを持ってアプローチ。

そういう気持ちが入りすぎたときこそ、ザックリしたり、トップして奥の林に突っ込んでしまったりと散々なことに( ノД`)シクシク…

なぜ、同じようなミスをするのか?

 

アマチュアはアプローチでなぜSWを選びたがるのか?

 

以前にも書きましたが、アプローチを含めショット前にプロはまずライの状態を確認します。

どのショットが一番寄りやすいのかをイメージしてクラブを選択します。

よくプロやプロコーチが揃って口にするのは「なぜアマチュアはこのやさしいライからSWを持つのか?」

トーナメント仕様でグリーンがガッチガチでない限り、止まりにくいことは通常ありません。

にもかかわらず、上げてスピンをかけて・・・・・・、にチャレンジするのか?

ワタクシも以前は注意されました(;^_^A

アマチュアはなぜやさしいライからでも転がしを使わないのか?

理由は「オヤジみたいでカッコ悪いから」が多数です。

他に、「転がしても全然寄らないから」もありますが、それならSWで上げた方が寄るのか?

 

転がし ランニングアプローチのメリット

 

転がしのメリットは沢山あります。

①まずは、ミスの幅が小さいこと。

同じ距離を飛ばすとき、SWより、PWや9Iなどの方がストロークが小さくてすみます。

たとえトップが出ても大きな差が出ません。

ロフトが小さいとキャリーが少なくランが多いので、同じ距離を打った時ストロークが小さくて済む
バンスが小さく跳ねづらいという利点もあります、SWのバンスは上手く使えれば武器になりますが、その分ミスしたときのリスクもあります。

②転がした分、ラインの確認ができること。

カップに向けてアプローチしたとき、たとえカップインしなくてもランの軌道はわかります。

次のパットのラインが分かるのも非常に大きいです。


たとえカップに入らずとも次のラインがの参考になる

③二段グリーンで強い

よくありがちな状況で、二段グリーンの上段にピンが切ってあるとき、下段の方からアプローチしなければいけないことがあります。その時、上げてしまうと段差の傾斜で戻ってきてしまうことがありますが、転がしは前の推進力が強いため、上りきれない方が少ないはずです。

 

転がし ランニングアプローチこそ最強のアグレッシブ

まだまだ多くあると思うのですが、一番の利点は「転がしがアグレッシブな選択」です。

プロが外から入れに行く場合、大抵は転がしを選択します。上げた場合は、カップに対して狙いが点に対し、転がしは狙いが線になります。

つまり、パットと同じ「入れに行く」のです。

 

まとめ

アマの転がしは「ミスを防ぐ」ですが、マスターして「入れに行く」までレベルを上げたいですね!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です