ゴルフ|手打ちを治すコツは?動かすべき所を動かしてスイングしよう!


スポンサードリンク



手打ちが治らない!動かしていいところが分からない!

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

なかなか手打ちが治らない。アマチュアの多くの悩みだと思います。

手打ちは、スイング軌道が大きくぶれてしまうため、スライス、ダフリなど様々なミスの起因となります。

私もその1人ですが、「どうしても手打ちが治らない」「どうすれば手打ちが治るのか分からない」と迷走してしまうことがあります。

以前コーチに指摘されたポイントで手打ちがかなり改善されたのでまとめます。

コーチの方たちが指摘するゴルフスイングで動かくべき所の共通点は?

コーチの方たちのアドバイスは千差万別です。「フェースを開け」「フェースの開きは極力抑えろ」とか「腰は切っていけ」「腰は股関節内しか動かさない」など人によって、まちまちです。

しかし、間違いなく共通しているポイントは「肩を動かす」ことです。

よく肩と手で作った三角形をキープしたままスイングするということは、手を使わずに肩を動かさなければできないことです。

肩を深く動かすことで手の動きが必要でなくなる

肩を動かさないから無理に手で動かさざるを得ないのです。肩を積極的に動かすことで手を動かす必要がなくなります。

しかし、肩を動かし方が正しくないと元も子もありません。

どうすれば上手く肩を動かすことが出来るのでしょうか?

肩を動かし方の勘違いを治せば、スイングが改善!

そもそも肩を動かすとは、どこをどう動かせばいいのか?ココがポイントですね。

コーチ曰く肩の動かし方を勘違いされている方が多いようです。

肩を動かすというと、ココを動かすと思っている方が多いようです。

この部分を動かすと身体が右へ移動し、軸位置がぶれてしまいます。スウェーの原因になる恐れもあります。

ずは「肩関節部分」を動かすのではなく「肩甲骨」を動かすのが正しいです。

肩甲骨を正しく動かすことを覚えます。

更にスイングは回転運動です。

回転の軸は背骨です。

そうなると身体の動きはこうなります。

よくトップで「左の肩甲骨を右に押し込むように」とアドバイスされることがありますが、そうなると左肩は右に移動して結果軸がブレてしまいます。

つまり肩甲骨はこちらに動かなければいけません。

トップからダウンにかけても左肩は積極的に後ろに動かします。

動かさないとスウェーやあおり打ちの原因になります。

あくまで背骨を中心に軸を動かさないことが前提です。そうでないとトップやフォローで肩甲骨の動かし方を間違えると軸がブレてしまいます。

肩甲骨のストレッチで手打ちを治そう

そうなるとやはり肩甲骨周りの柔軟性が重要になってきます。

以前記事にした「肩甲骨周りのストレッチ」を普段から行うことでスムーズな動きが出来るようになってきます。

是非積極的に行ってください。

まとめ

「肩を動かせ」は肩関節周辺を動かすのではなく、肩甲骨を動かすことが正しい動きです。

また、背骨を軸に動かすのですから、トップ時は右肩甲骨は左側に、ダウンにかけては左肩甲骨は右側に動かします。

あくまでゴルフスイングは回転運動なので中心軸をブラさずにすることが前提です。

そのためには肩甲骨周りの柔軟性を普段から高めましょう。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です