ゴルフ|ショートパットでチョロしないコツとは?


スポンサードリンク



ショートパットで緩んでチョロってしまう

おはようございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日のラウンドで、どうもショートパットが苦手、という方がいました。

ラウンド中、いつも「あれしなきゃ、これしなきゃ」とブツブツ言っています。どうも、スイング中に色々と制約や決まり事を作っているようです。

特に彼のプレーで「もったいないな~」と思うことがありました。それは、ショートパット。1mくらいの距離を何度もチョロってしまいます。(;^_^A

パッティングストローク中、緩んでいることもあるのですが、いつもダフっています。

友人のシングルくんが「力みすぎ」と指摘していました。確かに非常に硬い・・・。

逆に、私のことを褒めてくれました。滅多に褒められないので、チョー嬉しい!(^^♪

「ショートパットの打ち方がいいね」

へッ!?そうなの?( ゚д゚)ポカーン

自分では、どこがいいのか全く意識していません。

どこがよかったのでしょうか?

 

ショートパットでやってはいけないポイントは?

シングルくん曰く「ショートパットは寄せるのではなく、入れにいっているんだよね?て、ことはショートは絶対にしてはいけないでしょ」

その通り、届かなければ絶対に入りません。

「強めに打つことは勿論のこと、一番やってはいけないミスは、ダフリでしょ」

ダフったら間違いなく球の転がりが弱くなります。

「ミスしてもオーバーなら仕方ないけど、ショートは絶対にダメ」

メンタル的にも技術的にも届かない打ち方は、最悪だそうです。

ショートパットでミスを減らす打ち方とは?

「その点、ミスがミスにならない打ち方をしているよね」と私のパッティングを褒めてくれました。

それは、トップ気味に打つこと!

自分は全く意識していませんでしたが、自然とできていたそうです。

昔、同じように短い距離で何度もチャックリを繰り返していたので、いつの間にかトップ気味で打っていたようです。

「理想は毎回芯で打つことだけど、練習量が多くないとなかなか難しい」とのこと。

パッティングのインパクトで、ミスをするなら球の上にずれる方が許容があります。

練習量も多くないのに、いきなり本番で真芯で捉えようとするから、体が固まっちゃうんですよね。

それなら、多少ミスの幅を持ってストロークした方がリラックスできます。


スポンサードリンク



ショートパットのカップイン率が上がるポイントは?

シングル君がアドバイスするに

「基本はカップの向こう側にぶつけるつもりの方がいいよ。カップの手前から入れようとすると芝目の影響を受けやすいからね」

芝には抵抗があって、ある程度転がりが強いと影響を受けずにカップに向かいます。

転がりスピードが落ちると途端に球がカップ回りでよれることがありますね。正しい方向で打つことが出来ても、入らないんじゃガッカリが倍増です。( ノД`)シクシク…

それを防ぐにはカップに届くまで転がりが弱まらない打ち方をすることです。

ショーパットのポイント→

ショートはダメ →

転がりが弱くなる打ち方はNG→

ダフリは禁物・緩みも禁物

となります。

そうなると、トップ気味でカップの向こうに当てて狙うのがよいようです。

まとめ

 

ショートパットで絶対にやってはいけないのが、ショートです。

結果、転がりが弱くなってしまう打ち方はNGです。

緩んでヒットしてしまうのは勿論ですが、ダフってもいけません。トップ気味ならそれ程転がりが弱くなることもないのでミスをするならこちらです。

毎回芯を捉えられるなら問題ないのですが、それは非常に難しいスキルです。ミスの幅を持ってキッチリ打てるようになれば、スコアアップ間違いなしです。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です