ゴルフ|上達の近道 スライス(振り遅れ)を修正③コックの勘違い


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

何度も書きましたが、アマチュアのミスの原因は「振り遅れ」が大半といわれています。

どうして、振り遅れになってしまうのでしょうか?

色々な原因があると思いますが、今後も思い当たる限り挙げていきたいと思います。

 

飛距離アップにはコックはマスト?コックを間違うとスライスに

 

コックとは?

よく金槌で表現する方がいますね?🔨

釘を打つときは、上から下に降ろします。

つまりこの動きをスイング内でしよう、ということですね。

コックを使わないと飛距離が半減してしまい、球も上がりません。

コックはどの方向が正しいのでしょうか?

コーチの方など、口を揃えて仰っていたのは「コックは必ず下から上へ、上から下への動きである」ということです。

連続写真などでは、斜めのように見えますが、スイングはスゴいスピードで回っているからです。

手首をこねたり、左右にコッキングしてしまうのはいけません。

そうするとフェイス、グリップ、肩の位置関係がずれてしまい、ダウンで戻りきらず、大きく振り遅れてしまうことになります。

トップのとき、左手の甲側に折れてしまう。このトップはよくない。フェースが開いたままインパクトを迎えてしまう。このエラーはコックの間違いによっても起きる。

 

スライス撲滅 正しいコックの方向とは?

上体は前傾し、回転しながらスイングしているので見つけにくいと思うのですが、リーディングエッジ方向、つまりグリップをスクウェアに握っていた場合、フロントライン?(バックラインの逆?)方向が目安となるでしょう。

 

ハーフウェイバック前後でのコックの仕方が変わる

コックですが、どのあたりでどの方向にするのか、メディアやコーチの指導を見ると大きく分けて2つに分かれるのではないかと。実際ワタクシもコーチたちから聞いた時、この二手に分かれるな、と思っていました。

①ターゲットラインに対して軌道とコックを決める

出典/http://www.gen-ten.jp/

ハーフウェイバックでクラブが地面と平行になったとき、シャフトがターゲットラインと一直線になってから、コックを作る方法です。

上の写真を見ていただけるとわかるのですが、身体の正面からヘッドが外れ気味になります。

この動きは、フェースターンが大きく、最大距離が出る方法のように思います。

②身体の正面とクラブの位置関係を変えずにハーフウェイバックまで持っていく。

出典/http://golfnokiwami.com/

アドレスから右足まで真っすぐ引いた後、右45°方向辺りからコックしていく方法です。

この方向にコックするとアウトに上げているように感じますが、身体は回転しているのでちゃんとインサイドに上がっています。
身体とクラブの位置関係を保つことで、フェースターンを少なくし、安定感を出します。

どちらも共通しているのは、フェースの向きがシャット気味ですね。

以上2つですが、コックを含めたスイングづくりに関してコーチによってやや考え方が違うのかなぁと思うことがあります。

現在のドライバーはヘッドが大きくなり、直進性が強くなっているので、極力フェースターンを抑えたスイングの方がトレンドのようです。
ただし、フェースターンが大きくても上手くさばけている方も多くいらっしゃいますので、自分にとってどちらが合っているかは選択してください。

以前は、ターゲットラインに平行に持ってくると教わっていたので、①を意識していました。現在のワタクシはクラブが戻ってこないことが多いので、フェースターンを極力抑えた②のスイングにしています。

余談ですが、この時の感想は、自分では大幅に変えたつもりでしたが、自分のスイングを上の写真でもわかるようにそれ程差が出ないモノなんですね。


また誤解のないように書きますが、上記のスイングはアームターンなども関与しますが今回は触れていません。
色々と混乱すると思いましたので、コックだけに特化して記事にしました。

 

まとめ

コックは上下に使うことでヘッドの重みとシャフトのしなりが最大限に使えます。前傾しながら回転しているので正しいコックの方向を覚えて飛距離アップをしよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です