ゴルフ|スライス(振り遅れ)を修正その⑤グリップエンドの向き


スポンサードリンク




お早うございます!(*・ω・)ノ

社会人はなかなか練習場に行けないので、どうしても練習量が減ってしまう

社会人って、平日は忙しすぎて練習場の空いている時間に帰宅できなかったりして、なかなか思うように練習できません。
休日も、家庭のことをしなければならなかったりして、結局2週間くらい球を打てないなんてことも、しばしば。

 

自宅でできる練習はやはり素振りが一番!スライスの原因が見える

そうすると、自宅でどれだけ工夫して練習できるかが、ミソなのかなぁ、と思ったりします。


一番簡単な練習法が素振り。狭い部屋では、とっても危ないのでMAX振りはできませんが、ゆっくりスイングなら、フォームを確かめることは出来ます。

姿見があれば、シャフトの降り方も見れるので更に有効です。

先日、部屋でゆっくりスイングを試したことなんですが、どうしてもインパクト前にヘッドが戻ってこず間に合っていません。
こんなゆっくり振っていても間に合わないのですから、それは、本番では右へ飛び出すこと請け合いです。

「何でなんだろう?」試しにダウンから何度も繰り返し、振ってみました。

ゆっくり素振りで気づいた自分のミス・スライスの原因がグリップエンドの向きだった

見落としていたことが、ありました。

あまりに単純すぎて、意外に気づいていませんでした。

それは、アドレス時に比べて、インパクト直前のグリップエンドが身体の左側を指しているのです。

ハンドファーストなんだからOKでしょ?と思っていたのですが、それは、単に左腕が抜けていただけでハンドファーストとは違ったものでした。

コックが入る限り、アドレスからトップまでの間、グリップエンドがずっと身体の同じ位置を指し続けることはありません。

トップ時では必ず外側に向きます。

指導者によっては、球に向かって指すのが正しいという方もいらっしゃいます。

大事なのはそのあとで、ダウン時に一度外に向いたグリップ尻をアドレス時と同じ位置までに戻さなければ、ヘッドは返ってきません。

いつ戻しにかかるかは人によって違うのでココでは触れませんが、インパクト直前までには戻すことが必要です。

 

ゴルフのアドバイスで、違う言葉でも結果は同じ?

その戻すタイミングを「リリース」といいます。

この「リリース」という言葉がまた厄介なのかと思います。リリースと聞くと「放す」のイメージが強いため、そのまま放り投げるような動作になってしまうと勘違いします。
すると、グリップはいつまでも体の中心から外側を通り、身体から離れて行き、ヘッドが返ってこずに球は右へ飛び出してしまうことになります。

話はそれましたが、長いことゴルフをやっているとつい単純なことを忘れがちになってしまいます。

ダウン時、グリップエンドは体の中心から外れているが、そこからインパクトまでに元に戻す。このヘッドの返りが飛距離アップの元

ヘッドを正しい位置に戻す動作として、人によっては、ヘッドのトウを意識して返す、という方もいれば、右手が左手を追い越すようにする、という方もいらっしゃいます。他にも様々な表現の言葉もあるかと思います。

ワタクシはその感覚がどうも分からなかったのですが、「グリップエンドをアドレス時に指していた位置に戻す」という言葉がしっくりきました。

 

まとめ

上の言葉は、結果的にはすべて同じになるはずです。ですが、人によってはどの言葉がはまるかは、千差万別だと思います。

色々な言葉を探して、自分にピッタリとくるアドバイスを見つけよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です