ゴルフ|スライス(振り遅れ)を修正 その⑦ 左脇が開く


スポンサードリンク




お早うございます。(*・ω・)ノ

左脇を開けないようにするのはいいけれど・・・・・・?

何度も「振り遅れ」のことを記事にしてきました。

スライスの原因の大半は「振り遅れ」であり、それを防ごうと無理やりフェースを戻してフックになってしまうという、ダメダメスパイラルに・・・・・・。( ノД`)シクシク…

振り遅れの原因が多すぎて、ついに⑦まで来てしまいました。恐らく、まだまだ続くと思います。

アマチュアのミスの代表として、インパクト時に脇が開いてしまう、があります。

脇が開いてしまうと、腕が抜けてしまいフェースも戻すことが出来ずに、力のないスライスになりがちです。

身体も回らずにバランスの悪いフィニッシュになってしまいます。

ワタクシもそうだったのですが、脇を開けないようにタオルを挟んでみたりして練習をしたりしていました。

とても窮屈で「どうやったらこんなので打てるんだろう?」と思いながらバシバシ球を打っていたものです。

左脇ばかり気になってしまい、スイングが何だかぎこちくなってしまう、なんて経験をお持ちの方もいらっしゃるお思います。

左脇を開けない方法とは?

以前訊いた、あるコーチのお話

「インパクト時、左脇が開くのはいけません。力も逃げてしまいますし、フェースを戻すのも困難になります。また、身体とクラブヘッドの距離が変わってしまうので安定性という視点からもよくありません」

でも、なかなか閉じたままをキープしてスイングするのが難しいのですが?

「ここにも、言葉の誤解があります。左脇を開けないというと、左胸と二の腕に力を入れて閉めをキープする方がいらっしゃいます。基本上半身は力を入れてはいけない、という基本があるにもかかわらず、脇ばかりを気にして、力を入れてしまいます。つまり、アドレスの時点から、力み、が入ってしまうのです

なるほど、一つのことをクリアしようとして、別のミスが生じてしまうというありがちなパターンですね。

「左脇に力みが入ると、肩回り、特に肩甲骨がスムーズに回らなくなります」

こうなると、スイング全体の問題になってしまいます。

ではどうすれば、脇が開かなくなるのか?

「逆の発想をして下さい。固めてしまうから、大事な時に緩んでしまうのです。はじめから緩ませておけば、インパクト時に閉まってきます。アドレス時に、左ひじをピンと伸ばさず若干”くの字”になるくらいで構えてください

えっ?( ゚д゚)ポカーン。そんなのダメじゃん。

「すこし、くの字にする程度では見た目それほど変化はありません。逆に左ひじをグッと伸ばした形は、左肩が上がり気味になり、力み感が強く出てしまいます」

こんな動画を見つけました。

中井学のドライバー講座④『自然なフェイスターンで真っすぐ強い球!』

確かに、本人が思うほど変わらないかもしれません。

 

まとめ

ギュッと伸ばしたものは縮みたくなります。少し遊びがある方が、遠心力もあり身体とヘッドの距離も保てるのでしょう。

プロのアドレスは、もれなく上半身に力みがありません。確かに、肘は伸びていますがピンと張った感じはありませんね。

左脇を開けてはいけない。これは間違いないことです。但しそのアプローチの仕方が間違っていると結果がともわないことも。

自分では違和感があることでも、実際には有効なこともあります。そのための練習であって試してみるといいと思います。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です