ゴルフ|スライス(振り遅れ)を修正 その⑧ ライ角


スポンサードリンク




お早うございます!(*・ω・)ノ

 

インパクトでフェースが戻らずスライスになる

色々と振り遅れの原因を考えて⑧まで来ました。

インパクトでどうしても、フェースがどうしても戻らない。右へ押し出し力のないスライスが出てしまう。

その結果無理に手でフェースを返したり、インサイドに切ろうとしたり・・・・・・。

エラーがエラーを重ねることになってしまい、どんどんとスイングが悪化してしまうことになってしまいます。

インパクト時アドレスと変わってはいけないことはライ角

インパクトはアドレス時の再現と言われますが、「そうだ」という方も「違う」という方もいらっしゃいます。

それは、インパクト時はアドレス時よりもロフトが立つ形になる、つまりハンドファーストになるからです。

それが、「違う」という理由です。

しかし変わってはいけない所もあります。

それはライ角です。フェースが開いてインパクトを迎える方は、どちらかというとヒールが浮きトウが下になる形になりがちです。

フラットなインパクトになってしまい、フェースが開いた状態になります。

スイング中に遠心力がかかることで、シャフトが下にしなりトウが下がる「トウダウン」とは違います。

手首の角度が鈍角になり、インパクトで浮いてしまうとこのミスになってしまいます。

 

インパクト時にライ角を保つ方法とは?

一つの原因ですが、コーチに言われたことがあります。

グリップを「柔らかく」と「緩める」の勘違いをしている、です。

力みはいけませんが、ある程度「動かしてはいけない所は動かさない」ことも重要です。

ライ角が変わってしまう原因としての一つなので、必ずしも改善されるわけではありません。

ですが、試してみる価値はあると思います。

コーチに注意する方法を訊きました。

よく「アドレスで作った三角を崩さないで」、との注意がありますが、実はもう一つ崩してはいけない三角があります。

この三角です。

ここをキープすることでライ角を確保できます。

ワタクシは、ここの角度を意識した方がしっくりきました。

前を意識するのか、後ろを意識するのか、は人それぞれで納得しやすい方でいいと思います。

ある方にライ角を一定させる方法を訊いたところ「ボクはシャフトだけを振ることを考えている。ヒール部のシャフトを地面にぶつけるイメージでスイングしている」そうです。

人によって、工夫しているのですね。

 

まとめ

ライ角の安定は、スイングの安定、球筋の安定に繋がります。

改善法は人さまざまですが、大事なのはどうすればドンドン試してみることではないでしょうか?

ただ、あまりに試しすぎて迷走してするのも問題ですが・・・・・・。

ある程度、客観的に見てもらえる方と相談してもらいながら、ですね。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です