ゴルフ|上達の近道 スライス(振り遅れ)を修正その②体の開き


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

 

スライスの原因 なかなか治らない振り遅れ

 

ずっと課題で取り組んでいます。

アマチュアの大方のミス「振り遅れ」

以前も書きましたが、フックもスライスも振り遅れが大半の原因らしいです。

振り遅れとは、身体の回転に対してヘッドが間に合っていないこと。

スライスとナイスショットの違い いい振り遅れと悪い振り遅れがある

あるコーチのお話です。

「いい振り遅れと悪い振り遅れがあることを理解してください。本来ゴルフはレイトショットで打つものです。和訳すれば”振り遅れ”です。トップからダウンにかけて身体が先に回りだしあとからクラブが下りてくる。そして、インパクト直前に身体をヘッドが追い抜いていくんです」

その加速で球を更に飛ばすことなんですね。

それはわかっているんでがなかなか出来ない。(´;ω;`)ウゥゥ

スポーツが違うのですが、、メジャーリーガーのイチロー選手のお話です。

「ピッチャーに胸を見せながら打ちに行った時点でアウト。ピッチャーにはギリギリまで背中を見せて打つのがバッティングの基本です」

ゴルフにせよ野球にせよ身体が開いた時点でダメなんですね。

 

スライスを克服したい!振り遅れを恐れず練習してみた

ワタクシもどうすれば身体を開かずに打てるのかを練習場で試行錯誤してみました。

トップからダウンにかけて左に体重を踏み込みながら上半身を開かずに打ってみました。

右足前くらいでヘッドを返す感覚です。

何度か打っているうちに

「おっ」

思いのほかヘッドが走った感覚がありました。何だかヘッドに球がへばりつく感じで飛んでいく感じ。

打球は左に出てドフック。

球筋はともかく、感触は非常にいいものでした。

もしかしてこれが「球をつかまえる」ということでは?

ちょっと気持ちいい感覚なので球筋を気にせず、何度も打ってみました。

だんだんと同じように左に出てフックが揃ってきました。

隣の打席のおじさんは「なんだチーピンばかり打っている奴だな。こりゃ重症だ」とか思っているかもしれません(笑)

次に今の振り方でスライスを打ってみたらどうなるか?なんて思い、フォローで思いっきり左に切ってみます。

更に左に出ることもありましたが、上手く抜けたとき

シュッ

と音を立てて綺麗に真っすぐと飛んでいきました。

「もしかしてこれかも!?」

アマチュアゴルファーがよくかかる「開眼」という病ですね。(;´・ω・)

力も入れていないのに出球は低いのに、回転よく球が上がります。

何球かに1発しか出ませんが確かな感触がありました。

 

スライスを含めミスをするための場所が練習場

ワタクシが言いたいのは、練習場で毎回いい球を打とうとしないこと。

何かヒントになるなら、初めはひどい球でもどんどん試してみるべきなのではと思います。

あまりに確率が悪いのでまだラウンドでは難しいかもしれませんが、少し続けて練習したいと思います。

 

 

まとめ

極端に背中を向けたまま、早めのリリースで打ってみよう!振り遅れが治るヒントがあるかも?

はじめはひどいフックだっていいじゃないか!?その先にナイスショットがあるはず!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です