ゴルフ|始動で正しい軌道方向は?


スポンサードリンク



インサイドインのヒドイ勘違いでドツボにハマった!

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

昔、スイング軌道についてヒドイ勘違いをしていたことがありました。

ゴルフスイングは、インサイドインが正解!なんて雑誌にもよくある記事ですが、それを曲解して、とんでもないスイング軌道になってしまい、球筋がメチャクチャになったことがあります。

インパクトを迎えるときにクラブが下から入ったり、極端に上から入ったりして、球のコントロールが全く出来ない事態に陥りました。

それは、チョットしたきっかけで「自分のスイング軌道は正しいのか?」と疑問に思ってしまい、色々いじった結果がかえってドツボにハマったのを記憶しています。

始動の勘違いはパッティングストロークから

そもそも、自分のスイング軌道が正しいのか?と思ったのが、何かの記事で「パッティングストロークは真っすぐに引く?インサイドに引く?」という議論があったのが原因です。

プロの中でも賛否が分かれていて、どちらが正しいのかが結局は分からないままでした。真っすぐ引くと言っても、実はインサイドに引いていることがあるという意見があったりして、何が正しいのか分からずじまいでした。

さて、自分のパッティングストロークはどうなのかと疑問に思いました。

プロ目線で「真っすぐ」や「インサイド」はあくまで正しい軌道を知った上での微妙な個人差なので、どアマチュアの私が自分の思っている正解が本当に正解なのか知る由もありません。

そこで、アドレスからの始動を色々と試してみました。

で、今まではこんな感じで引いていたのですが、

試してこんな感じで引いてみたのです。

始動は右つま先方向へ引いて、インパクト後は左つま先方向へ抜くという具合です。

すると、意外にいい転がりになって方向性がとてもよくなったと感じました。ヘッドが内側に抜けるのですが球は外へ滑るように目標方向に抜けていきました。

これが、ショットのスイング軌道のバランスが狂ってしまったきっかけです。

通常のショットもこの軌道が正しいと思って、極端にインサイドに引きインパクト後もインサイドに抜くスイングを作ってしまいました。

正しい始動方向は外側に上げるのが正しい?

こんな間違った軌道を正しいと思い込んでスイングしていたのですから、どうにもミスが止まりません。

そんなことで悩んでいたら、当時教わっていたコーチからアドバイスを受けました。

「スイング軌道がバラバラですよ」

分かっています、分かっていますが、どうしていいのか分かりません。

それで、自分の今思っていたことをぶつけてみました。

「雑誌記事の悪い影響を受けていますね。あれこれ試すのは悪いとは言いませんが、必ずしもいい方向に進むとは限りませんよ」

あぁ、やってはいけないダメダメスパイラルに足を突っ込んでしまいました。

コーチに指導の仕方を訊いてみました。

「真っすぐ引くかインサイドに引くかは個人的な感覚があるのでハッキリはいいません。どの方向に始動するかより、身体をどう使うかによって結果どの方向に引くかを考えてください

コーチが仰るに、引く方向を考えている時点で「クラブを手で操作している」とのことでした。

アドレスから始動は、上半身をタテに使うことです。ヨコに使うと極端なインサイドになってしまいます」

つまりこういうことですね。

今思えば、三觜喜一氏など有名プロコーチも同じことを仰っています。

森守洋氏がよく使う「正拳突き」も表現こそ違うにせよ同じ意味だと思います。

今までインサイドに引いていた人が、上半身をタテに使うとかなり外側に上げていく感じになります。

「アウトに上がっていく感覚があるかもしれませんが、身体は回転しているので全く問題ありません」

そうなんですね。


スポンサードリンク



正しい始動を行う身体の使い方のポイントは?

では、実際に身体をどう使えばいいのでしょうか?

「これは個人差によりますが、はじめは胸の前に平面を作りにそれを回転させるイメージがいいと思います。人によっては、下半身から始動した方がよいという方もいますが、上手く出来ないと身体が右側にスウェーしてしまう恐れがあります」

下半身始動の方が身体全体を使えるのでいいのですが、身体が右にスライドしてしまっては元も子もありません。

はじめの内は、太ももがずっと正面をキープしたまま動かさない位のつもりで始動した方がブレがなくなります。

腕から先は身体との距離を維持したまま上げるだけ、その結果が正しい始動方向になるということです。

まとめ

アドレスからの始動は、プロでも悩むところです。真っすぐ引くのかインサイドに引くのか、ということよりも正しく身体を使うかが大事ということです。

その結果、始動の方向が決まります。

ゴルフは手先でクラブを扱うといいことがありません。出来るだけ大きな筋肉を使ってスイングする方がミスが抑えられます。

正しい方向に始動ができなければ、その後のスイングも決していい方向にはいきません。

今後私も雑誌記事に惑わされないよう、注意します。(;^_^A

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です