ゴルフ|正しいスウェーってナニ!スイング上達法


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

スウェーが治らずスイングが安定しない

ゴルフに限らず、振ったり投げたりするスポーツは必ず体重移動をしなければ力強いパフォーマンスは出ません。

ゴルフなら右利きの方の場合、まずは右に体重を乗せて、次に左に乗せていきます。

でも、よく言われるのがスウェーという動き、これが非常に悪い動きになってしまいます。

ただ、人によっては「スウェーは悪くないんだよ」とかいう人もいます。なぜ人によって違うのか考察してみました。

スウェーの原因 体重移動の表現は?

体重移動の表現の仕方で

「コマネチみたいにする」

とか

「ベルトを引っ張るように腰を回す」

とか

「トップにクラブを上げた時点でもう右体重なんだよ」

など色々あります。

何が正解なのか?

ワタクシもずっと勘違いしていて、恐ろしくスウェーをしていたため
「下半身の動きが大きすぎる」と言われてきました。

そのおかげで、今は殆ど左の股関節に体重を乗せたままのつもりで振っています。

それでも他人から見ると「トップではちゃんと右に体重が乗っているよ」と言われます。

そんなものなのか、と。自分のイメージと実際のアクションは相当かけ離れているのではないかと思います。

話をもとに戻します。

 

スウェーの誤解 体重移動は股関節間の移動

なぜスウェーの動きになってしまうのか?

あるトレーナーさんからレクチャーで聞いたことです。

「皆さん、股関節の位置ってちゃんとわかっていますか?」殆どの人が、骨盤の直ぐ内側を指さします。

「不正解です。股関節はここにあります」

ホントだ。意外に2つの間は近いんです。

背骨の延長上のほぼ真横くらいにあります。

体重移動は、骨盤の左右ではなく、股関節間の移動です。

右の股関節から左の股関節に重心が乗ることでスムーズな回転動作になるんです。

実際に正しい右股関節の位置から左の股関節の位置に体重を乗せてみると「コマネチの動き」や「ベルトを回す動き」を感じることができました。

ワタクシも体感すると、それぞれの表現方法は間違っていないのだなということを理解できました。

例えば「右手は常に上に」と「左手を常に下に」は同じことを言っていますが、どちらの方が納得しやすいかは人それぞれです。

まず一番大事なのは、身体の構造など正しく知ってどの表現方法が自分に一番フィットするかを探すことなのではないでしょうか?

股関節にしっかり乗っているのがよくわかります。

 

まとめ

まずは物事の根本を知って自分に合った表現を探そう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です