ゴルフ|トップアマに教わった「スウェー」か「スウェーではない」かの違い


スポンサードリンク




今晩は!

昨日ラウンドしてきました⛳

 

昨日、ラウンドしてきたのですが、余りに疲れ果ててしまったので、そのまま寝てしまい記事にできませんでした。(;^_^A

本日、ご報告します。

さてさて、一緒に回ってくれた方は、以前にも記事にしました全国区のトップアマさん。

相変わらずの圧倒させるゴルフ。

チャンピオンティ(黒ティ)で7000yd近くあり、かなりタフなコースなのに6バーディの3ボギーで69。(((( ;゚д゚)))
あれだけバーディが獲れると気持ちいいでしょうな。

因みにワタクシは、46・43の89。ホールや風向きによっては、セカンドが3Wでも届かないホールがしばしばあったので、まあまあ善戦だったのではという感じです。(;’∀’)

 プロとアマの違いをもう1度聞いてみた

 

また、彼にプロとアマの違いを訊いてみました。

「プロってどれくらいレベルが違うんですか?」

「設定が全然違う。全国でもアマチュアの大会なら、70台は出るけど、プロ仕様ではまず70台はなかなか出ない。そんな中60台で回ってくるんだから」

「以前、プロと2~3打差だ言っていたけど、もっと差があるってことですか?」

「それはアマチュア仕様の場合。やさしいと差が出にくいんだよ。プロトーナメントだともう歯が立たないね」

そんなものなのか・・・・・・。ワタクシがプロトーナメントレベルで回ったら100なんて絶対切れないのでしょうな。( ノД`)シクシク…

 

トップアマから聞いたスウェーとスウェーではない境

話がそれました。

ラウンド中、時折悪い癖が出て、プッシュとチーピンが出ました。

「たまにスウェーが出るね」

やはりですか・・・・・・。悪い癖はなかなか治らないものです。

「体重移動の際、スウェーかスウェーじゃないかの差ってわかる?」

いや、分からないです。

トップの形を作ってごらん。そのまま、右足でスクワット出来る?出来なかったら、体重が外に逃げている証拠。上手くできたら、股関節にしっかり体重が残っているってことだから。ダウンの時も一緒。左足でスクワット出来きることが大事

ほほう。w(゚o゚)w オオー!

 

まとめ

 

理屈ではわかってはいても、実際の自分のスイング中では何がエラーなのかなかなか体感できないものです。

今回のラウンドはそれが分かっただけでも非常に意義のあるものでした。(o^∇^o)ノ

今、スウェーをしないようにシャドウスウィングで身体に覚えさせています。今後も理屈を身体に浸みこませる方法を記事にできたらと思います。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です