ゴルフ|本番力がアップする!スイングづくり練習法


スポンサードリンク



練習中、右の飛び出しが出始める

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、練習をしていた時、途中から右への飛び出しが出始めました。

スウェーが強いのか、右膝が逃げているのか、色々と考え始めました。

その様子を私のコーチが見ていたので、「右の飛び出しが始まった」と悩みを打ち明けると

「今日は趣向の違った練習をしてみましょう」

仰ってきました。

基本から外れた?効果がすぐわかる練習法

まずは、普段通りにアドレスします。皆さんもそうだと思いますが、ゴムマットや人工芝と平行になるように立ちます。

「その方向から左端の柱に向かってストレートボールを打ってください」

ええっ!はじめ何を言っているのか分かりませんでした。

セッティング時のフェースの向きは自由で、とにかくこの方向にストレートボール、ということです。

実際にスイングしてみました。予想以上に難しい。大抵は、目標より右に出ることとが多く、またどうしてもフックになってしまいます。

時折、シャンクなんかも出てかなり四苦八苦しました。

「自分なりにクラブの上げ方と降ろし方を考えてみてください。クラブをもっと外に上げてみたり、とんでもなくカットしてみたりして、どんどん試してください。その時は、身体の使い方は後回しでいいです

こりゃ大変だ・・・・・・。💦

狙っている方向に球を運べるようになるポイントは?

何度打っても目標より右に飛び出してしまいます。フックもなかなか収まりません。

思い切って、極端に外に上げてみました。そこからかなりカットに振り出してみました。

すると、目標方向に向かってキレイなストレートボールが出ました。

そのスイングをコーチが後方から動画を撮ってくれていました。

見せてもらったところ、キレイに目標方向に沿ったスイング軌道になっています。

「そのイメージのまま、正面を目標に打ってみてください」

自分のいつもより外にクラブを上げてみて、カット気味に振り抜いてみました。

すると、見事に目標方向に向かってストレートボールが!

「スイングをし続けると、どうしても悪い癖が出始めてしまいます。間違ったスイング軌道を正しいと思い込み、疑わなくなる。そこが問題なんです」

ごもっともです。

「長くゴルフをやっていると、身体の動きからスイングを作り始めてしまいます。そうではなく、正しいヘッドとシャフトの動きをさせるために身体を使うのです。ですから、一度身体の動きを忘れてクラブの動きのみに集中する練習をしてみてください」

スイングの原点は、フェース管理とスイング軌道

スイングの基本中の基本は、フェースが目標方向に対して垂直で球とコンタクトすることと、正しいインサイドイン軌道です。

プレーヤーは長年スイングしていると、ズレてきているにも気づかず、自分が正しいと思っているものから疑わなくなります。

私の場合、だんだんインサイドに引いてしまい、それが正解だと思っていました。その位置からトップ→ダウンとなると、どうしてもクラブが寝てしまいがちです。

その感覚が、間違っているにもかかわらず「腰が流れている」とか「右膝の我慢が足りない」など身体の使い方ばかり修正しようとしていました。

まずは、正しいフェース管理とスイング軌道を確認してから修正しなければ、いつまで経ってもいい方向にならずに迷走してしまいます。

上記のように、普段とは違う練習を入れてみて、違った視点で自分のスイングを見直すのも必要かと思います。

まとめ

ショットが狂い始めた時、身体の使い方ではなくまずは自分が正しいと思っている、フェース管理とスイング軌道を疑ってみることも大事です。

そのためには、まずは身体の使い方を無視した練習をしてみて確認してみてください。

本番のラウンド中でも、真っすぐ立てないことがしばしばあります。多少アライメントがずれても、目標に向かって思うような軌道でスイングできれば、ミスの幅もグッと狭まります。

逆に、正しいと思っていたスイング軌道がずれていると、どんなに良いショットをしても目標方向には飛んでいきません。

時に普段を違う練習を入れてみて、自分の認識のズレを確認すると遠回りしなくなります。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です