ゴルフ|アドレスが正しくなければ、正しいスイングはできない


スポンサードリンク




お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

スイング作りの基本はアドレスから

調子が悪いとき、何を気にするか?クラブの降り方?トップの位置?

プロがまずチェックするのは「アドレス」だそうです。

アドレスとグリップでスイングの良し悪しは8割決まるそうです。

アドレス=住所、つまり住所がしっかりしていないと、正しく届きません。正しいアドレスこそ正しいスイングの原点です。

但し、何が正しいアドレスなのかがわかりません。どこをどうチェックすればいいのか、なかなか難しいですよね?

色々な情報を見るとチェックが多すぎて、何が何だか分からなくなってしまいます。

コーチに訊いた出来るだけ少ないチェック方を教えてもらいました。

まずは、アドレスの基本を身に着けよう

①スタンス幅ですが、限度があるにせよ若干の個人差ががあっていいようです。

ドライバーでいうと肩幅くらいからかなり広めにとる方もいらっしゃいます。広いほうが体重移動が大きくなるので一発の飛びは出ますが、安定にかけます。逆に狭いほうが体重移動が少なくなるので安定したスイングになります。

クラブが短くなればその分スタンス幅も狭くする方がいいでしょう。

②膝と腰(骨盤)を平行にすることです。それによって背骨(軸)も地面と垂直に保てます。

③ゴルフは前傾姿勢をします。その時に大事なのは背中を曲げるのではなく骨盤から曲げることです。

④上半身は、基本地面と垂直ですが、グリップするとき右手が左手の上に合わせます。その分軸が右に傾きます。その時、右ひじは身体に近く、左ひじは右より空きができます。

右肩が前に突っ込む形はスライスなどが出やすく悪いアドレスになります。

もう一つ大事なのは、身体の幅の中から腕をはみ出さないようにすることです。体幹の力が逃げてしまいますし、スイングアークがぶれてしまいます。

⑤重心位置ですが、つま先やかかとに寄りすぎてはいけません。正しい位置は母指球、つまり親指の付け根あたりがいいでしょう。

その時、軽く膝を曲げてフットワークを使いやすいようにします。

簡単にアドレスを作る方法は剣道にあり!?

出典:http://大人剣道上達プログラム.biz/kendou3/otonakendou20.html

なんだかんだ言ってアドレスはチェックポイントが多すぎて、スイング前に固まってしまうことがよくあります。

簡単なアドレスの作り方を聞きました。

①真っすぐ直立してください。この時スタンス幅は、クラブによって決めてください。この時大事なのは、膝、腰を平行にすることです。平行にすれば体重も自然と左右均等になります。

②剣道の構えのように、クラブをゴルフグリップのまま胸の前に持ち上げてください。この時、クラブは指側に重みが掛かるのを感じて下さい。

③そのクラブで作った角度を保ちながら、腰から曲げてクラブを地面につけてください。その時、重心は母指球に来るように。

これで、基本的なアドレスはできました。

他に細かいチェックはありますが、あまり増えすぎると訳が分からなくなりますので、まずはここまでを作り上げましょう。

まとめ

アドレスは、スイング作りに基本となりますので非常に大事です。但し、あらゆる情報が多すぎて何を守ればいいのかわからなくなってしまいます。まずは基本の形、つまり体幹がぶれないようにと、力が逃げないようなアドレス作りから始めましょう。

チェック方法が出来るだけ少なくするポイントは「剣道の構え」です。

ここから自分に合ったプラスのチェックをしていきましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です