ゴルフ|スイングで小さく回る方が飛距離が出て安定してきた!


スポンサードリンク



スイングが大きい方が飛距離が出る、は誤解?

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

昔から「スイングは大きくした方がよい」と言われています。しかし、最近本当にそうなのかな?と思っています。

スイングを大きくしようとすると、どうも手打ち気味になるような気がするんです。

そんなことをコーチに訊いてみました。

「スイングアークは大きいに越したことはありません。遠心力も強くなるので、ヘッドスピードも上がります。しかし、無理にスイングを大きくしようとして手で無理にクラブを遠くにしようとするとバランスを崩したりします」

実は昔私もスイングを大きくしようとして、出来るだけテイクバックを後方に引いていました。

どうも、バランスが悪くなってショットした球にも力がありません。

動画を撮ってみたら非常にバランスの悪いスイングになっていました。

プロのスイングを見ても分かりますが、インパクト後は大きくなっても、始動→トップ→ダウンまでは小さくなっています。

インパクト後も意識してフォローを大きくするのではなく、遠心力が加速することでヘッドが引っ張られて、フォローは自然に大きくなるものです。

野球の投球も小さい方が主流?

以前、メジャーリーガーのダルビッシュ投手が面白いコメントをしていました。

当時、新人だった大谷翔平投手のフォームを見て「外で投げている」と評していました。

現在の主流は「身体の中心から遠心力を逃さないように内側の力で投げる」のだそうです。

何だか難しい表現ですが、以前有名なゴルフのプロコーチから同じような話を聞いたことがあります。

「遠心力を十分に使うには、求心力が必要」つまりスイング中遠心力で外に引っ張られる力を強めるために内側に引っ張る力をより強くするということですね。

野球の投球もゴルフのスイングも身体の軸を中心に回転しながらパフォーマンスを出します。いかにトルクを強く出力して、円運動の先にある球に力を伝達するかは「振る」という動作に関しては共通しています。


スポンサードリンク



飛距離・安定性を強めるコンパクトスイングのポイントは?

コンパクトスイングのポイントはやはり下半身の安定と腕を身体から離さないことです。

いかにトルクを強く出力するには、土台の安定感です。スイング中に無理に大きく振ろうとして左右に体重が逃げてしまわないように足の内側、つまり母指球と内もも、つまり内転筋をしっかりとブラさないことです。(内転筋の鍛え方)

太ももの外側にある中殿筋で更にサポートさせれば尚安定してきます。

また、足首の柔軟性も重要です。足首が硬いとバランスを保てなくなり外に身体が逃げてしまいます。(足首の柔軟性を上げる)この三角形をキープするように回転を上げていけば、より強いスピン力が増します。

脚の外側より内側の三角形をキープする方が安定しやすい

また、腕も二の腕(肩から肘まで)を身体から離さないようにすることで、小さなアークで振れるようになります。

まとめ

スイングは大きく、には誤解を招く恐れがあります。スイングを大きくしようと無理にクラブを遠くにしてバランスを崩す危険があります。

現代スイングはいかにコンパクトに振って、遠心力を逃さず求心力が求められています。

そのためには、下半身の内側の三角形をキープすることが大事です。

飛距離も安定性も上がるために、コンパクトなスイングを目指しましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です