ゴルフ|スイングでいじり過ぎてドツボに!迷走しないポイントは?


スポンサードリンク



スイングをいじり過ぎてドツボにハマった!

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

私、長い間フック病に悩んでいました。打った瞬間に左方向に飛んでいき、全盛期の松坂投手バリの切れのいいスライダーのような球が林へ消えていってしまうことがしばしば。( ノД`)シクシク…

そんな球が出ると、次からおっかなくてスンナリ打つことが出来ません。

更に身体が動かずにまたミスがミスを呼ぶ、なんてドツボにハマっていました。

フックが治るための情報を色々と探したり、コーチからアドバイスを受けたり・・・、と試行錯誤したのですが、なかなか出口が見つかりませんでした。

当時コーチから戴いたアドバイスで、多少なりとも突破口が見えてきて大分改善してきました。

ハッとさせられた目からウロコの考え方でした。

そんなコーチとのやり取りをご紹介します。

ポイントが多すぎ!アマチュアが陥るスイングチェック

フック病で悩んでいた私は、「右腰のスウェーを抑える」「右肩の位置を一定」などあらゆる身体的なポイントチェックを試していました。

練習中に、ポイントに注意しながらスイングします。上手くいくこともあれば、とんでもないミスもありました。

コーチに診てもらって幾つかのアドバイスを受けるのですが、やはりいい時と悪い時の球が出てしまいます。

「かなり悩んでいますね」

その通り、ポイントが多すぎて自分でどうスイングしていいか分からなくなっている、と打ち明けました。

「スイングチェックすることは決して悪くはありません。漫然と振っているよりは、間違いなく向上しています」

グスン、慰めてもらいました。

「少し視点を変えましょう」

え?視点を変えるってどうすればいいでしょう?

「今、スイングチェックは腰や肩など身体的なポイントばかりですよね?」

その通りですが・・・。


スポンサードリンク



スイングの主役はゴルフクラブ

ゴルフスイングの主役はあくまでもクラブですクラブが更にはヘッドの向きがどう動くことからスイングを作ってみてください

なるほど、確かに頭に入っていませんでした。自分がチェックしていたのは身体的な個所ばかりです。

どんなにスイングがキレイでも最終的にクラブの芯に球が当たらなければまったく意味がありません。理想的なインパクトを迎えるためにスイングはあるのです

確かにその通りです。ではどうすればいいのでしょうか?

「よく見たことがあると思いますが、重いものをインパクトで押すような練習をしてください。インパクトで体重がしっかりと乗っている状態が理想のインパクトです。その時の下半身やグリップの形を身体に覚え込ませるのです」

「そこから逆モーションでダウン→トップを作るのです」

自分も忘れていたことですが、スイングはクラブをいかに効率よくかが優先的でした。

スイングづくりは室内でもできる

スイングづくりは、わざわざ練習場に行かなくても出来ます。

目一杯の素振りは、広い空間が無いと難しいですが、ゆっくり振ったり、素振り用の短いクラブなら存分に可能です。

前述したインパクトからの逆モーションスイングも出来ますし、素振り用のクラブでゆっくりとスイングしヘッドの向きやシャフトの傾きなども確認が取れます。

本当は全身鏡があるといいのですけどね。

まとめ

スイングをアレコレいじって、ドツボにハマることがあります。

そういう時こそ、スイングの主役をクラブにおいてみて再度確認するといい方向に傾くことがあります。

正しいクラブ軌道にするために身体の動きがあります。

まずは、正しいインパクト(体重が乗って力感がある)から逆モーションにしてトップを作ることも有効です。

視点を変えることで今まで気づかなかったことを発見することもあります。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です