ゴルフ|ティショットでスライスをチョットの工夫で防ぐ応急処置。


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

ティグラウンドにて右にOB。ティショットでスライスを打ちたくない!

ティグラウンドにて。

右のラフが浅くて、OBゾーンが大きく口を開けて待っています。

そんな時、「絶対スライスだけは避けねば・・・・・・」

そう思えば思うほど、身体が開き「ナイス流し打ち!」と声がかかるくらいのスライスボールが右の彼方へ消えていきます。(´;ω;`)ウゥゥ

行きたくない方向に行ってしまうのがアマチュアゴルファーの性(さが)ですね。

残念(´;ω;`)ウゥゥ

 

上級者から学んだティショットでスライスを出さない応急処置

以前、上級者の方が、言っていました。

「ボクはね、どうしてもスライスを打ちたくない時は、ティを少し高くするんですよ」

へぇ、どうしてですか?

「簡単です。ティグラウンドでつま先上がりの状態を作るんです。そうすれば、スライスがしにくいですから」

高さは自分で調整してください!

あ、成るほど

確かに、つま先上がりはスライスがしにくい状況です。普段はトラブルなので、あまり出くわしたくいない場面ですが、テクグランドでしたら、足場はフラットだし、スライスは出にくいし、上手いアイデアだな、と感心した記憶があります。

「但し、気を付けなければならないのは、いきなり本番で試すと天ぷらになったり、力んだりするので必ず練習してから臨んでください」

逆にティショットでフックを出さない工夫をしてみた

その話を聞いて、昔試したことがあります。

ワタクシは、以前からお話ししていますように、フック持ちです。そうなれば、逆にティを低くすればフックが出にくいのではと。

そうです。つま先下がり(?) の状態を作るんです。

球が低くなってロングドライブは期待できませんが、低い弾道のお陰で大ケガをしにくいセッティングです

極端な状況が、直ドラです。直ドラは、プロでもフックを打つのが難しいと言われています。

そこまでは行かないにしても、ティを半分くらいにして多少距離が落ちてもいい時に実戦していました。

実は、記事を書くまで、このアイデアをすっかり忘れていました。スイングの修正ばかりに気を取られていて、昔はこうやって、ラウンド中に試していたことが抜けてしまいます。少し調子が悪くなると、マネジメントそっちのけで、スイング修正に入ってしまう悪い癖が出ていました。

次回のラウンドで実践してみようと思います。

 

まとめ

ティショットでフック、スライスを出したくない時は、スイングを治すことよりも悪い方へ曲がらない工夫をしよう。
ラウンド中にスイングを修正しても、なかなか結果に繋がりません。
本番では、技術よりも頭を使え!(自分の戒めです💦)

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です