ゴルフ|トップで左手首を折らないが正解!と思ったが・・・


スポンサードリンク



トップで左手は折ってはいけない!と思っていたが・・・

お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

先日、仕事関連の方々とお食事したのですが、その時やはりゴルフ談議で盛り上がりました。

その中の一人で非常にゴルフの上手い方がいます。ばりばりシングルさんでハンデ2~3と聞いています。

そのシングルさんが、100前後プレーヤーさんに「トップの形作ってみてください」と言ってトップでの格好をさせました。

結構キレイな形で左手首も真っすぐに伸びています。

すると「左手首は手の甲側に折れないと」シングルさんは首を横に振りながら言いました。

えっ!?ウソ!?

私の知りうる情報では、左手甲は、真っすぐ、もしくは、手のひら側に折れる方がよい、と認識していました。

松山英樹選手は、きれいに真っすぐだし、世界1位のダスティン・ジョンソン選手なんかゴリゴリに手のひら側に折れています。

出典:ワッグル

そのシングルさん、頑なに「左手首は甲側に折るもの」を主張しているので、チョット反論しづらかったのですが、やはりモヤモヤした気分になりました。

トップでの左手の形をおさらいする

トップの左手の形を以前記事にしましたが、おさらいします。

トップで左手が甲側に折れると、クラブフェースの向きは地面に垂直に近くなります。

そのままダウンに入るとクラブフェースは、開いたまま降りてきます。

逆にトップで左手が手のひら側に折れると、クラブフェースは空の方を向きます。

そのままダウンに入るとクラブフェースは、閉じたまま降りてきます。

インパクト時点では、フェースは飛球線方向に対して垂直にならなければいけません。と、なるとフェースが開いて降りてきた場合は、ローテーションが強くなります。

現代のクラブは、フェースが返りにくい構造になっている

現代クラブは、フェースが返りにくい、についても以前記事にしました。

ドライバーはヘッドがどんどん大型化しています。必然と重心がクラブの軸線(シャフトの延長)から遠くなります。

この距離が短い方がヘッドがクルクル回りやすいのは、実際に回してみれば実感できると思います。

つまり、ヘッドがターンするより直進的な動きの方が構造上理に叶っているということです。

また、シャフトについてですが、一昔に比べて格段に上がっています。昔のシャフトはしなりが大きいほど、しなる方向のバラつきが大きかったのですが、現在のモノはしなりも安定度も比較できないくらい向上しています。

最近のクラブはよく飛ぶ、というのはシャフトの性能向上が大きく寄与している、と言っても過言ではありません。


スポンサードリンク



球を強く遠くに飛ばすには、ヘッドの返し?シャフトのしなり?

球を強く遠くに飛ばしたいなら、ヘッドのターンとシャフトを最大限に使うことが重要です。

シャフト性能がそれほどでもなかった昔なら、いかにヘッドのターンで球を飛ばしたかが肝でしたが、最近は変わってきています。

極論ですが、球を飛ばすポイントが、昔:ヘッド>シャフトから、現在:ヘッド<シャフトに変遷してきたということでしょうか?

しかし誤解しないでいただきたいのが「現代スイングは、ヘッドのターンを抑える」と言われますが、それは全く使わない訳ではなく、あくまで抑えるだけです。

ゴルフ歴が長い方は、ヘッドの使い方が非常に上手いです。ですので、上記のシングルさんもたとえデカヘッドで重心距離が長いクラブでも、上手くヘッドがターンさせられるのだと思います。

コーチから聞いた言葉ですが、

「ゴルフスイングに絶対コレというものはありません。自分が一番タイミングの合い思うように球を操作できるスイングがその方の正解になります」

つまり、クラブがどんなに変わろうとも自分にマッチするなら主流でなくてもいいということですね。

ですから、そのシングルさんのスイング論もあながち間違いではない、ということです。

しかし、その方の間違いは「他人にも自分のスイング論を強要する」ことなんでしょうね。

実際に、アドバイスを受けた方も戸惑っていましたから。

まとめ

上級者の方で「スイングはこれが正解」と強く主張する方がいます。

然し、身長や身体の柔軟性、クラブに対する考え方は人それぞれです。

ゴルフ談議の中、様々な話題で盛り上がることはとてもいいことではありますが、自分の主張を強要することは控えた方がいいかもしれませんね。

自戒も込めて、今回は記事にしました。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です