ゴルフ|捻転差を作るための効果的なストレッチは?


スポンサードリンク




捻転差が作れていない!?スイングの安定が欠けている原因は?

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

前回、シャフトのしなりを効果的にする練習法を記事にしました。

レディス用ドライバーのような極端に軟らかいシャフトでスイングを作るのが効果的だそうです。

これが、なかなか上手くいかない。力で振っているようでは、一生正解に近づけないようです。

コーチ曰く「捻転差をもっと作った方がいい」とのこと。

捻転差は、ゴルフスイングを作る際に避けて通れない言葉です。

捻転を意識することによって肩や腰の回転率が上がり、結果ヘッドスピードやスイングスピードがアップして飛距離が伸びていきます。また、クラブの性能を優先的に発揮させる動きになるので、スイング安定度もグッと増します。

分かってはいるのですが、この「捻転差」思っている以上の出来ていないではないか、と思ってしまいます。

捻転差をうまく生かしているスイングは、力感がないのに非常に力強く球を飛ばしていますよね。羨ましい・・・。

ロリー マキロイ ドライバーショット スローモーション 動画

捻転差がちゃんと作れている身体なのか?実際にシャドースイングで確認してみた

自分がちゃんと捻転差を作れているのか?本当に分かっているのでしょうか。シャフトを上手くしならせていない時点で、身体が上手く使えていないのはないかと疑ってしまいます。

シャドースイングで確認してみたのですが、出来ているようで出来ていない。

クラブを持って実際に球を打ってみたら、球を打つことに夢中でうまく機能していないかもしれない。

コーチに訊いてみたところ「出来ていないことはないのですが、捻転の量が少ない」だそうです。

では上手く捻転差を使えている人とは、何が違うのでしょうか?

「勿論、スイングを理解していない方もいらっしゃいますが、そもそも身体が捻転差を作る準備ができていない人もいます」

それは、身体の柔軟性とかなんでしょうか?

「柔軟性以前に、関節が固まって上半身と下半身が別々に使えない人がいらっしゃいます」

そうなんだ。

私の場合、別々には使えているようですが、可動域が狭いので十分な捻転差が出来ていないそうです。

筋肉ばかり鍛えても関節が動かないんじゃ宝の持ち腐れです・・・。( ノД`)シクシク…

肩関節単独で動かすことができるか?チェック法とストレッチ

「これ出来ますか?」

コーチが、こんな動きをしました。両手を前に組んで肘を伸ばします。手首を離さずに肩の回旋を使って肘を回す動作です。

肩と手首は全く動かずに肘だけクルクルと回ります。

実際にやってみました。

私場合、肩が上下して手首も離れそうになってしまいます。

意識して固定すると、肩の回旋が非常にぎこちない。意外に難しかったです。

トレーナーさんも一緒にいたので、アドバイスをくれました。

「肩関節だけ動かすことができないとスイングが悪くなりますし、肩が動かないことで他の部位に負担が掛かり、ケガの元になります。動かないのは神経が届いていないだけなので、普段から動かす習慣を付ければドンドン動くようになりますよ」

了解!毎日動かしてみます。


スポンサードリンク




上半身と下半身を別々に動かす効果的なストレッチは?

「ついでに上半身と下半身を別々に動かすストレッチを教えましょう」トレーナーさんがアドバイスしてくれました。

捻転差を作るには、上半身と下半身を別々に動かすこともマストです。

以前にも、上半身下半身を動かすストレッチを教えてくれましたが、更にバージョンアップで。

ランジから身体を捻じる。右膝が前なら右へ。左膝が前なら左へ捻ります。

ランジは下半身が固定するのでしっかりと上半身を回せます。また、ふらつきそうな身体を体幹でしっかりと安定させながら行なわなければいけないので、より実戦的です。

何も持たずにうまく出来るようになったら、バランスボールやメディシンボールを持つと更に難度が上がります。

私は3kgのメディシンボールを持ちながらやってみましたが、目一杯身体を捻じると、結構ふらつきます。これは、やり応えがあるなぁ。

まとめ

ゴルフスイングで捻転差を作ることは飛距離アップにも安定度アップにもとても重要です。

まずは、捻転差をを作れる身体づくりからしなければなりません。

それには、各関節が単独で動かせることが重要です。

日常生活では、様々な関節を動かさなくなるので、さび付いてきてしまいます。簡単なストレッチから始めてスムーズなスイング作りを目指します!

ではでは✋


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です