ゴルフ|つま先下がりで上手く打つコツ!初心者でもできる簡単脱出法


スポンサードリンク



お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

つま先下がりは、かなり厄介!上手く脱出しよう!

ティショットはどうしても左右のミスが出てしまいます。最悪はOB、次に林に消えていく。その次に、つま先上がり、つま先下がりのラフに止まってしまう・・・・・・。

前が見えいている分林よりは助かった、と思うかもしれません。確かに、前に打てるというのは、トラブルの中でも助かっている方です。

しかし、侮ってはいけません。ここで上手く打たないと、ミスショットでOBなんてこともあります。

つま先下がりはどんなミスが起きがちなのでしょうか?

つま先下がりで出やすいミスとは?

まずつま先下がりとはどんな状況なのでしょうか?

通常のライに比べて球の位置が下にある状態です。同じようにスイングしてしまったら球に届きません。また、つま先上がりとは逆でヘッドはフラットの状態になります。

つまり、球に届かずトップ、ライ角もフラットになるので右への打ち出し、スライスになりやすくなります。

逆にそれを嫌がり打ち込みにいって引っかけたりすることもあります。

そういったライの状態も良くないのですが、何よりショットを難しくさせているのは、スタンスのバランスが非常に不安定ということだと思います。

傾斜の度合いにもよりますが、つま先側に倒れやすくなります。また、それを嫌がって後ろにのけ反ってしまうこともあります。状態が前後に揺れてしまっては、正確に打つことは困難です。

バランスを崩しながらスイングして、更にフェースが開きながら当たりやすい状況になのですから、球が右に飛び出しOBになる恐れもあります。

つま先下がりの攻略はまずアドレスから!正しく構えてミスをなくす

傾斜からの基本は、バランスを崩さない構えをすること、です。つま先側に倒れやすいのですから、かかと側に体重を乗せた方がバランスよく立てます。

また通常より球が下の位置にあるのですから、低く構えることも大事になります。膝を深く曲て、普段より広く足を広げることでバランスを安定させます。急な勾配では、ほぼ四股ふみ状態に近くなる場合もあります。

どんな傾斜でも出来るだけ上体の前傾角度を同じにすることが大事です。それによって、変わらぬスイングが出来るようになります。

また、上述したように、右にスライスしやすい球筋になります。右に出ることを想定してやや左側に目標をおきましょう。

つま先下がりでフルスイングは厳禁!バランスを崩さない範囲でスイングしよう

傾斜具合にもよりますが、バランスが保ちにくいのですから、フルスイングをするのは非常にリスクを伴います。余程、筋力があって身体が柔らかければ可能かもしれませんが、たいていの場合は、身体のバランスを崩さない範囲でスイングした方が安心です。

プロもコントロール内でショットする方が多いようです。よく言われるのがグリップ位置が肩から肩までの範囲が限度とコーチが仰っていました。

その分、番手も大きくし、グリップを短くして、アークをコンパクトにします。

この状態ですから、距離も出ず、球も高く上がりません。「通常の球が出ないんだ」と理解しながらスイングすることも、ミスを防ぐ一つです。

またスイング中に心がけることが重心を低く保つ、ことです。球位置も低いのですから、上体が伸びあがってしまっては、大ミスの元になります。重心移動も極力せずにフィニッシュの時も右足がベタ足になっているくらいの方が、理想です。

石川遼選手が、「手打ちはダメだが、膝から下を動かさないくらいの気持ちで打ちます。上半身の回転のみで打つ感じ」とアドバイスしていました。

つま先下がり対処の練習法

以前コーチにつま先下がり対処の練習法を訊きました。

「かかとを上げて、打ってみてください。バランスディスクに乗って振ってみるのもいいと思います。それが無理なら、球を両かかとで踏みながら練習してみてください」

なるほど、非常にバランスを保ちにくい状況です。大きく股を広げて上体の回転だけでスイングしているので、ちょっと恥ずかしいのですが・・・・・・。(;^_^A

まとめ

つま先下がりは、プロでも意外に難しいライです。まずは、距離も出ない、高さも出ない、ことを予め理解してスイングすることです。

かかと重心にして、始動からフィニッシュまでバランスを崩さないスイングを心がけることも大事です。

スライスしやすいライですから、右に飛び出さない工夫をすることも大ミスを防げます。

練習場のように、振りやすいスイングはラウンドではなかなか出来ません。どんな状況でも対処できるように、練習も工夫してみましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です