ゴルフ|左足上がりの打ち方をマスターしよう!


スポンサードリンク




お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

左足上がりのライではミスの傾向がある

打ち上げホールや砲台グリーンの手前などでよく出現するシチュエーションの左足上がり。アップヒルとも言います。

球とコンタクト前、地面が通常より低い位置にあるためダフリなどは起こりにくいですが、別のミスが起こりがちになります。

単純ですが、左が上がっているので普段よりクラブは寝てしまいます。つまり、ロフトが大きくなるのですから、球が上がって飛ばなくなります。つまりショートしやすくなります。実際私も球の下をくぐるような感じで、思った以上に飛ばなかった経験があります。

あとは左足下がりとは逆にヘッドが返りやすいのでフックも出やすくなります。

大きく分けてこの2点がミスになりやすい傾向ではないでしょうか。

左上がりを攻略するには、目標設定を変えよう

目標を決めるには、元々ショートしやすい状況なのですから、番手を大きく持ち替えて、通常より高く球が上がることをイメージすることです。無理に球を上げようとせず、気持ち低く出そうとするくらいの意識の方が結果よくなると思います。

100ydを切ってウェッジでピンを狙う場合、丸山茂樹選手が仰っていました。

「左足上がりのライの時、ピンを狙う場合ピンの根元でなく旗を狙う方が上手くいく」だそうです。

プロは目標設定を細かく変えることで攻略しているのですね。

また、フックが出やすいのですから、たとえ左に曲がったとしてもOKなようにエリアを大きく定めることも大事です。予め通常より右めに設定するのもいいかと思います。

左足上がりのライでのアドレスは?スイングイメージは?

プロも大抵は斜面と平行に構えている方がセオリーのようです。地球と垂直に構える人は少ないようです。

この時右足に大きく体重が乗る形になります。ライが悪い状態の時のセオリーですが、体重移動を極力しないことが大事です。スイング中ずっと右足に乗り続けたままくらいのイメージで。但し、始動からトップまでの時に、更に右足に乗らないようにすることも注意が必要です。つい、体重が右の外側に逃げてしまいがちになるからです。この時点でスイングバランスが崩れて上手く振れなくなってしまいます。

また、くどいようですが球は通常より上がって距離が出ません。更に上げようと思って球を下からすくい上げようとすると、とんでもなく高い球になってしまいます。表現的におかしいかもしれませんが、ドライバーのテンプラみたいな球のような感じです。

身体が突っ込まない程度に、少し低い球筋くらいの気持ちでスイングした方がうまくいくと思います。

左上がりでスイング中気を付けることは?

まず大事なのは、スイング中バランスを崩さないことです。左足下がり、つま先下がりつま先上がりでも書きましたが、フルショットをしないこと。バランスが保てる範囲内でスイングすることです。

また、グリップも短くしてコンパクトに振ることも重要です。ライがよくないのですから、半分トラブルと思って、フルショットを避けるべきです。

また、フッカーは特に気を付けたいのですが、フックが出やすいライなのですから、更にフックになってしまうととんでもない曲がりになってしまいます。右手の角度を最後まで変えずにスイングすることが大ミスを防げます。

まとめ

左足上がりは、ダフリなどのミスは出にくいのですが、ショートになりがちになり、フックも出やすくなります。

決して、やさしいライではないので、目標エリアを広く持ち、番手を大きくしてコンパクトに振りましょう。

また、フッカーは更に左に曲がらないように、右手の角度を終始保つようにスイングしましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です