ゴルフ|つま先上がりはカット打ちで対処できる!


スポンサードリンク




お早うございます。(^O^)/

アマチュアにとって厄介なつま先上がり

昨日の続きです。

つま先上がりは、左に出やすくフックがかかりやすい、と記事に書きました。

さて、どんな対処法があるのでしょうか?

まず、一番簡単な方法は、左に出るのが分かっているので、あらかじめ右に向いて打つ、というのがポピュラーです。

そうすれば、リスク回避ができます。

しかし、私も昔経験があるのですが、つま先上がりは大抵コースの右側の場合が多いです。そうなると、さらに右側に向くということは林に向かって打つことになるので、視覚的に非常に怖いシチュエーションです。

その結果、肘が引けてフェイスが開き、更に右に出てしまうことが・・・・・・。(´;ω;`)ウゥゥ

つま先上がりは右を向く以外にも対処法はある

どうすれば、このリスクを回避できるでしょうか?

まずは、前回の記事にも書きましたが、ロフトの少ないクラブで打つことで、右に向く方向を軽減させる方法です。

その場合、クラブを短く持ち、スイングもハーフショットくらいで。この方法が一番安全だと思います。但し、ランも多くなるので、転がりすぎて予想以上に距離が伸びてしまうことも想定して。

さらに、この方法が使いにくい状況は、ラフが深いとき。ロングアイアンのようなロフトが立っているクラブだと抵抗が強く球が出ないことがあります。UTのようなソールが広いもので対応という手もありますが。その場合、更にランが出やすくなるので気を付けてください。

 

プロに教わった、ワタクシが一番使っているつま先上がりの打ち方 カット打ち

ワタクシの対処法ですが、あるプロコーチから教わった方法をよく用います。

その方法は、「カットに入れる」方法です。

もともとフックがかかりやすいライで、アウトサイドインの軌道でカットして、スライスさせて相殺させます。

メリットは、ロフトのあるクラブでもフックがかかりにくいこと、傾斜に沿ってスイングするのでスムーズにヘッドが出しやすいこと。また、カットなのでラフに対しても抵抗の影響が軽減することです。

傾斜に沿っての軌道になるのでクラブの引っ掛かりが軽減される

上手くいくと、この状況からでも、きれいなストレートボールが出ます。結構気持ちがいいです(^∀^)

デメリットは、ヘッドが少しでもかぶると、更にフックが出てとんでもないトラブルになることも。またこれは、現場でしか出来ないので、出たとこ勝負になる可能性も。

 

まとめ

つま先上がりは、アマチュアにとって非常に難しいライです。左フックを回避して右を向く以外に対処法はあります。色々な打ち方を試して、自分に合ったものを見つけよう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です