ゴルフ|ユーティリティは文字通り万能!打ち方をマスターしよう!


スポンサードリンク




お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

ユーティリティってどんな時に使うの?

前回に続いて、ユーティリティについての記事です。

選び方をお話ししましたが、今回は打ち方についてです。

ユーティリティというくらいですから、色々使い勝手がよくなくてはいけません。

①ティショットで200yd(人によりますが)くらいの距離を確実に打ちたいとき

オーソドックスな使い方です。ドッグレッグやフェアウェイが狭いときのなど、距離よりもポジショニングが大事なティショットが求められる時、に重用します。

ティショットは必ずドライバーという方が「ドライバーを持たずにミスショットしたとき後悔する」と仰る方がいます。私は、それには疑問です。ドライバーとユーティリティでは飛距離も球の高さも全く違います。つまり、曲がり幅も大幅に違う、ということです。

ユーティリティのお陰で林インで済んだ、ドライバーならOBだった、と思っています。

②多少ライが悪いが、ある程度距離を稼ぎたいとき

そこそこのラフのときなどは本当に重宝します。球を上げなくてもいい場合、上手く打てるとかなり距離を稼げます。

私の場合、つま先下がりのときに、グリップを短く持ってハーフショットを多用します。意外に飛ぶので助かります。

つま先上がりの時は、フックの度合いが強いので少し怖いです。その時は、カットに入れる打ち方を使います。勿論グリップは短く持って。

③フェアウェイバンカーのとき

フェアウェイバンカーの場合、ある程度条件があります。

まず目玉でないこと。目玉ならもうトラブルなので、これはウェッジで確実に出すことが優先です。あとは目標方向のアゴが低いこと。ユーティリティは、もともと出球が低いので気を付けなければいけません。

ソールが広いので、多少手前から入っても滑ってくれるので助かります。

くどいですが、この時もグリップは短く持った方がよいです。

④林の中から脱出したいとき

条件があります。低い球がOKなときと距離が出ても反対方向に突き抜けないときです。

私は、上の条件のときに多用します。勿論、グリップは短くでハーフショット以下で打ちます。100yd級のピッチエンドランを打つ感じです。(笑)

大抵ベアグラウンドから打つのでヘッドがすごく汚れます。ショット後ヘッドカバーに入れる前にキチンと拭いてくださいね。

⑤グリーン周りの芝の薄い所からのアプローチ

昔、タイガーウッズがFWでアプローチしているのを観たときは衝撃的でした。それ以来、市民権を得た打ち方ですね。

芝が薄かったり、下が固かったりするとウェッジを使うと跳ねてトップになってしまう恐れがあります。

ソールの広いクラブなら跳ねることもなくキレイに転がってくれます。打ち方は、パターの要領で。但し、注意があります。パターのつもりで打つと予想以上に強く飛び出し、転がりが出すぎてしまいます。どれくらいの勢いで出るかは練習で感覚をつかんでおきましょう。

他にもあると思います。ティショットからグリーン周りまで。どこのロケーションでも使える、正にユーティリティですね。

ユーテリティの打ち方は、どうすればいい?

コーチに訊きました。ユーティリティは特別な打ち方をした方がいいのでしょうか?

「逆に特別な打ち方をしない方がいいです。むしろ、自分に合った打ち方の方がいいです。アイアンの延長を思っているなら、ややハンドファースト気味に構えてアイアンショットのように打てばいいです。但し、鋭角に入れすぎないように

自分はどちらかというとFWの延長です。

「それなら、FWのように打てばいいと思います。重心からやや左足側に置いてスパッと振りぬくように。但し、FWのように打つ方はフックが出やすいです。あまり距離を稼ごうとせずに、ショートアイアンのライン出しのように打ちましょう

その通り、私の場合ユーティリティのミスはどフックです。( ノД`)シクシク…

特殊なクラブと考えず、いつもと同じように打つことを心掛けた方がいいということですね。

まとめ

ユーテリティは非常に使い勝手の良いクラブです。

フルショットよりも、コントロールで打つことの方が多いようです。

色々な場面を想定して練習で経験を積みましょう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です