ゴルフ|スコアアップお助け!ウェッジの選び方。何本、何°が理想か


スポンサードリンク




お早うございます。~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

アイアンのセットは昔は10本だった!

最近のアイアンセットって5IからPWというのが多くなっていますよね?

ワタクシがゴルフを始めた頃は3IからSWまでと10本セットが主流でした。

今では、6本がセットで残りはお好みで、という時代が来るなんて当時は思ってもみませんでした。

ウェッジは大きく分けて4種類ある

昔のウェッジの種類はPW(ピッチングウェッジ)、PS(ピッチングサンド)、SW(サンドウェッジ)で、僅かでしたがLW(ロブウェッジ)でした。

昔は、AW(アプローチウェッジ)をPSと呼んでいたと記憶しています。

更に昔は、PWとSWしかありませんでした。当時は、クラブも今ほどでは高性能ではなく、飛距離差がなかったために事足りていたのでしょうね。

今は、アイアンの飛距離も目覚ましいため、短い距離に対するクラブ対応が求められた結果、ウェッジの種類が増えたのだと思います。

PWのロフトは、およそ45°前後(46°が主流?)でSWが56°~58°です。確かに10°近くロフト差があると飛距離差が40ydくらいついてしまう方もいらっしいます。

その間を埋めるためにAWが出現しました。そのため「ギャップウェッジ」と呼ばれることもあります。

さらに最近では、もう〇Wとすら、呼ばなくなりましたね。

ラウンド中、キャディさんに「〇°のウェッジください」なんて感じだし、ゴルフショップでもAW、SWという区分けでなく、大体2°刻みで品ぞろえされています。

ウェッジは何本揃えた方がいい?

では、ウェッジは何本揃えた方がいいのでしょうか?

すでにセットにあるPWはフィックスとして、大体の方は50~52°と56~58°の計3本ではないかと思います。

距離の打ち分けがしやすいのは、4~6°と言われています。つまり、このチョイスは概ね間違っていないのだと思います。

稀に60°も入れて4本という方がいらっしゃいますが、個人的には「?」です。好みなので余計なお世話と言われれば、頭下げるしかありません。しかしプロ並みに飛距離が出る方ならいいと思うのですが、PWが100ydくらいでその下にあと3本も入れるのは、少しもったいない気がします。

プロは56~58°のウェッジでも100ydくらい飛ばします。それなら60°を入れるのは必然かと思いますが、そうでないなら上の番手を充実させた方がバランスがいいはずです。

以前のラウンドで、あまり飛距離の出ないある方のセッティングが、52°、58°、60°でした。なぜ60°を入れているのか、尋ねると「60°の球の上がり方が気持ちいいから」でした。アマチュア仕様のゴルフ場ではそんなに上げる状況なんてあるのかな~、と思いながら聞いていました。

その方、アプローチは60°、バンカーは58°で打つそうです。バンスまで確認していなかったので、何とも言えませんが、面白い使い分けをするなぁ、と感心した記憶があります。

ギャップウェッジのロフトは50°がいいのか?52°がいいのか?

では、ギャップウェッジは50°がいいのか?52°がいいのか?考え方人それぞれだと思いますが、まずはPWの飛距離が目安ではないかと思います。どれくらい飛距離差が欲しいかによってチョイスすることが大事ではないでしょうか。

因みにワタクシは、PWが120yd前後で、ギャップウェッジは52°を使っています。するとフルで大体100yd弱。余程フォローではないと100ydを超えることはないのでそれ以上飛ばしたくないときは安心して打てます。

余談です。

以前不思議な方がいらっしゃいました。

「最近、AWを買い替えたら飛距離が伸びたんだよ」

そうなんですか。

「やっぱり新しいクラブは違うね~」と言いながらクラブを見せてもらいました。

古いクラブは52°で新しいものは50°でした。そりゃ距離伸びますよ。(笑)

話がそれました。

次にSWはどうするか?ギャップウェッジの選択によって56°にするか58°にするかが決まってくるかと思います。

50°なら56°、52°なら58°がバランスがいいと思います。ただ、必ずしも絶対ではありません。シングルの友人は、52°、56°のセッティングです。

理由を訊いたら「58°は下をくぐる感じで距離感がつかみにくいから」だそうです。

大事なのは、そのクラブで自分の距離を出せることなんですね。

ウェッジの試打ってなかなかできないので、購入する前に飛距離をつかむのは難しいと思います。

あくまで目安にしかなりませんが、ワタクシの場合、友人のウェッジを借りて飛距離差や感覚をつかませてもらっています。

 

まとめ

ウェッジのチョイスは、スコアアップに直結します。まずは基準を知り、そこから自分の戦略に合ったセッティングをして、ラウンドに臨もう!

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です