ゴルフ|冬ラウンドの対策、攻略のコツは?


スポンサードリンク



冬のゴルフは、夏のゴルフより格段に難しい

お早うございます!~~~ヾ(^∇^)おはよー♪

昨年末、打ち納めのラウンドをしてきました。冬のゴルフにかなりやられてしまって、多めに叩いてしまいました。

一緒に回ったシングル君は、キッチリと70台で回っています。

冬のゴルフで大叩きしてしまう人と何が違うのか、彼のお話も併せてまとめてみました。

まず冬のゴルフの難所は、朝起きた時から始まっています。まず、寒すぎて布団から出るのが辛い!(-“-;A …アセアセ チョッとモチベーションが下がってしまいますね。

以前防寒対策の記事を書きました。まずは、極力寒さから身を守るウェア、アイテムを見つけましょう。

ティグラウンドから冬の罠が沢山!

冬のゴルフは、飛距離が出ません。寒くて身体が回らなかったり、厚着のため上手くスイングできなかったりして、思うように球が飛びません。

ある方は「気温が1℃下がるたびに、ドライバーの飛距離が1yd下がる」なんて言っていました。本当かどうかわかりかねますが、夏と比べて30ydは変わってきてしまうことは間違いありません。

但し、フェアウェイが凍っていることがあるので思った以上に転がることがあります。

また、ティグラウンドが凍っていてティが刺さらないことがあります。

こんな道具がティグラウンドの横にあります。

日本語ではティ立て穴開け器具と呼ばれていますが、単に「キリ」なんていうこともあります。正式名称は「ティ・ボーリング」というそうです。

こちらでまず地面に刺して穴をあけてからティを刺します。ドライバーならそれほど問題にならないのですが、par3Hなど低いティにしたくても、深く刺さらず高くなりすぎてしまうことがあります。

そんな時は、短くティを切ったりして使います。またこんな置くだけのティもあるので試してみるのもいいかもしれません。

ワンタッチで高さが調整できます

余談ですが、打った時ティが地面から外れにくいため折れやすくなります。余分にティを持っておいた方がいいかも、です。

もう1つ、私も経験したのですが、フルショットするとスパイクが滑ってしまいミスショットになることがあります。凍結具合を見て「やばいな」と感じたらマン振りをせずにコントロールショットをおススメします。

ティショットは、球が飛ばない、しかし転がる、またフルショットすると足が滑りやすくなる、様々な条件を考えるとコントロールショットで飛距離を二の次にした方がいい結果が出ます。

フェアウェイも冬場では油断大敵

フェアウェイに上手く飛ばせた、と思っていてもやはり地面が凍っている場合があります。時に日陰は注意です。カッチカチに凍って板の上から打っているような錯覚になることもあります。

また日なたでも、霜が溶けて地面がグチャグチャになっている箇所も見られます。

やはりライを注視するのは非常に大事ですね。

バンカーも同じく、場所によってはカッチカチだったりします。

凍結箇所は、フェアウェイでもバンカーでもトップになり大オーバーになりやすいので、ココでもフルショットは危険ですね。

友人のシングル君にアドバイスを受けたのですが

「冬のゴルフは無理にパーオンを狙わない方がいいよ。予想以上に転がったり、トップが出たりしやすいので、グリーンオーバーの危険があるから。手前手前から攻めた方がリスクが少ないよ」

グリーン周りにも罠がいっぱい

上で友人のシングル君からのアドバイスで「手前から攻めた方がいい」と書きましたが、これは私も実感しています。

以前、セオリー通り手前から攻めたのですが、エッジギリギリの花道に着弾したら「カーン」と高い音を立てて信じられなくらい跳ね上がり、そのままグリーンオーバーしたことがありました。

スプリンクラーなんかに落ちたのかな、と思ったのですが、ただ単にカッチカチに凍っていただけでした。

スタート前、グリーンには霜が張らないようにシートを敷いてありますが、フェアウェイなどはそのままの状態です。

特にスタートの早い時刻は、注意が必要です。

ただ有難いのは、芝が枯れていて抵抗が少ない分転がしのアプローチが非常にしやすいことです。地面も硬くなっている分転がりやすくなっています。

無理にフワッと上げたアプローチよりランニングが活かせるのは、気持ち的に楽ですね。

まとめ

冬のゴルフは、凍った地面の対策が重要です。

トップがしやすく、転がりが予想以上に出やすい。

それを逆手にとって攻略するのが大事です。

飛ばさない、乗せない、転がす。人によってはストレスが溜まるゴルフになりますが、冬のゴルフの経験が春以降のゴルフに生かせるはずです。

どっち道距離もスコアも出ない、と分かっているのですから、チョットディフェンシブなゴルフを数得するのも大事ですよね。

ではでは✋


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です